Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • グリフィス・ラザフォード(英語: Griffith Rutherford、1721年頃 - 1805年8月10日)は、18世紀アメリカの軍人であり、ノースカロライナ州の政治指導者である。南西部領土とテネシー州の初期の歴史で重要人物だった。フレンチ・インディアン戦争のときに、イギリス植民地民兵隊の大尉となった。1775年にアメリカ独立戦争が始まるまで民兵隊に務め続けており、独立戦争ではノースカロライナ民兵隊に入隊して大佐になった。1776年5月にはソールズベリー地区民兵隊の准将に指名された。西部フロンティアでチェロキー族インディアンに対するチカマウガ戦争の初期段階に参戦した。1780年6月、ラムサーズミルの戦いでロイヤリスト部隊を破った時は一部貢献した。1780年8月16日のキャムデンの戦いに参戦し、イギリス軍の捕虜になった。1781年の捕虜交換で釈放され、その後はチェロキー族のチカマウガ隊への攻撃など幾つかの作戦に参加した。ラザフォードはアイルランドの生まれであり、18歳の時に両親とペンシルベニア植民地フィラデルフィアに移民してきた。1753年、ノースカロライナ植民地ローワン郡に移り、そこでエリザベス・グラハムと結婚した。町の活動的な一員となり、多くの公職を務めた。ノースカロライナ州議会の両院で議員となり、また州知事にも立候補したが落選した。反連邦党の運動では推進者であり、1794年には南西部領土立法議会議長に指名された。テネシー州サムナー郡に引退し、そこで1805年8月10日に死んだ。84歳だった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2884042 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 13501 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 87 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58842120 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:dateOfBirth
  • 1721 (xsd:integer)
prop-ja:dateOfDeath
  • August 10, 1805
prop-ja:name
  • Griffith Rutherford
prop-ja:placeOfBirth
  • Ireland
prop-ja:placeOfDeath
  • Sumner County, Tennessee
prop-ja:shortDescription
  • Revolutionary War Officer
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:最終階級
  • --12-21
prop-ja:死没地
  • 、テネシー州サムナー郡
prop-ja:氏名
  • グリフィス・ラザフォード
prop-ja:没年月日
  • --08-10
prop-ja:生年月日
  • 1721 (xsd:integer)
prop-ja:生誕地
prop-ja:署名
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:軍歴
  • 1760 (xsd:integer)
  • 1775 (xsd:integer)
prop-ja:除隊後
  • ノースカロライナ州上院議員、テネシー州サムナー郡入植、南西部領土の立法議会議長
dcterms:subject
rdfs:comment
  • グリフィス・ラザフォード(英語: Griffith Rutherford、1721年頃 - 1805年8月10日)は、18世紀アメリカの軍人であり、ノースカロライナ州の政治指導者である。南西部領土とテネシー州の初期の歴史で重要人物だった。フレンチ・インディアン戦争のときに、イギリス植民地民兵隊の大尉となった。1775年にアメリカ独立戦争が始まるまで民兵隊に務め続けており、独立戦争ではノースカロライナ民兵隊に入隊して大佐になった。1776年5月にはソールズベリー地区民兵隊の准将に指名された。西部フロンティアでチェロキー族インディアンに対するチカマウガ戦争の初期段階に参戦した。1780年6月、ラムサーズミルの戦いでロイヤリスト部隊を破った時は一部貢献した。1780年8月16日のキャムデンの戦いに参戦し、イギリス軍の捕虜になった。1781年の捕虜交換で釈放され、その後はチェロキー族のチカマウガ隊への攻撃など幾つかの作戦に参加した。ラザフォードはアイルランドの生まれであり、18歳の時に両親とペンシルベニア植民地フィラデルフィアに移民してきた。1753年、ノースカロライナ植民地ローワン郡に移り、そこでエリザベス・グラハムと結婚した。町の活動的な一員となり、多くの公職を務めた。ノースカロライナ州議会の両院で議員となり、また州知事にも立候補したが落選した。反連邦党の運動では推進者であり、1794年には南西部領土立法議会議長に指名された。テネシー州サムナー郡に引退し、そこで1805年8月10日に死んだ。84歳だった。
rdfs:label
  • グリフィス・ラザフォード
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:namedFor of
is foaf:primaryTopic of