Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • グリッシーニ(イタリア語:Grissino(単)Grissini(複))は、クラッカーのような食感のスティック状の細長いパン。イタリアのピエモンテ州のトリノで14世紀に生まれたとされている。イタリアのレストランでは、卓上パンの1つとしてかごに盛られ提供される。そのままでも食べられるが、プロシュット(生ハム)などを巻き付けて食べることも多い。また、サラダやスープなどの付け合せとして供されることもある。ヴィットーリオ・アメデーオ2世が王子だった頃に病弱だったため、消化がよく、水分が少なく腐りにくいパンを王室が求めたところ生まれた、という伝承がある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 629645 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 565 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 15 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58879916 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • グリッシーニ(イタリア語:Grissino(単)Grissini(複))は、クラッカーのような食感のスティック状の細長いパン。イタリアのピエモンテ州のトリノで14世紀に生まれたとされている。イタリアのレストランでは、卓上パンの1つとしてかごに盛られ提供される。そのままでも食べられるが、プロシュット(生ハム)などを巻き付けて食べることも多い。また、サラダやスープなどの付け合せとして供されることもある。ヴィットーリオ・アメデーオ2世が王子だった頃に病弱だったため、消化がよく、水分が少なく腐りにくいパンを王室が求めたところ生まれた、という伝承がある。
rdfs:label
  • グリッシーニ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of