Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • グリコーゲンホスホリラーゼ(EC 2.4.1.1はホスホリラーゼという酵素の一種である)。グリコーゲンホスホリラーゼは、動物におけるグリコーゲン分解の律速段階を触媒し、末端のα-1,4-グリコシド結合を切ってグルコース-1-リン酸を遊離させる。グリコーゲンホスホリラーゼは可逆的リン酸化とアロステリックな効果の両方のモデル酵素としても研究されている。
dbpedia-owl:casNumber
  • 9035-74-9
dbpedia-owl:ecNumber
  • 2.4.1.1
  • 2/4/1/1
dbpedia-owl:pdb
  • GlycogenPhosphorylaseDimer.png
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2397747 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 16291 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 61 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57662336 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:arm
  • p
  • q
prop-ja:band
  • 11.200000 (xsd:double)
  • 12 (xsd:integer)
prop-ja:caption
  • ウサギの筋のグリコーゲンホスホリラーゼ-AMP複合体の結晶構造。AMP アロステリック部位(黄色)、リン酸化したSer14(橙色)、グリコーゲン結合部位(青色)、触媒部位(赤色)。
prop-ja:casNumber
  • 9035 (xsd:integer)
prop-ja:chromosome
  • 11 (xsd:integer)
  • 14 (xsd:integer)
  • 20 (xsd:integer)
prop-ja:ecNumber
  • 2.400000 (xsd:double)
prop-ja:ecnumber
  • 2.400000 (xsd:double)
prop-ja:entrezgene
  • 5834 (xsd:integer)
  • 5836 (xsd:integer)
  • 5837 (xsd:integer)
prop-ja:goCode
  • 8184 (xsd:integer)
prop-ja:hgncid
  • 9723 (xsd:integer)
  • 9725 (xsd:integer)
  • 9726 (xsd:integer)
prop-ja:iubmbEcNumber
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:locussupplementarydata
  • -24.300000 (xsd:double)
  • -p11.1
  • -q13.2
prop-ja:name
  • グリコーゲンホスホリラーゼ
  • グリコーゲンホスホリラーゼ;筋
  • グリコーゲンホスホリラーゼ;肝
  • グリコーゲンホスホリラーゼ;脳
prop-ja:omim
  • 138550 (xsd:integer)
  • 232700 (xsd:integer)
  • 608455 (xsd:integer)
prop-ja:refseq
  • NM_002862
  • NM_002863
  • NM_005609
prop-ja:symbol
  • PYGB
  • PYGL
  • PYGM
prop-ja:uniprot
  • P06737
  • P11216
  • P11217
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dc:description
  • ウサギの筋のグリコーゲンホスホリラーゼ-AMP複合体の結晶構造。AMP アロステリック部位(黄色)、リン酸化したSer14(橙色)、グリコーゲン結合部位(青色)、触媒部位(赤色)。
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • グリコーゲンホスホリラーゼ(EC 2.4.1.1はホスホリラーゼという酵素の一種である)。グリコーゲンホスホリラーゼは、動物におけるグリコーゲン分解の律速段階を触媒し、末端のα-1,4-グリコシド結合を切ってグルコース-1-リン酸を遊離させる。グリコーゲンホスホリラーゼは可逆的リン酸化とアロステリックな効果の両方のモデル酵素としても研究されている。
rdfs:label
  • グリコーゲンホスホリラーゼ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • グリコーゲンホスホリラーゼ
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of