Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 第2代グランヴィル伯爵、グランヴィル・ジョージ・ルーソン=ゴア(英: Granville George Leveson-Gower, 2nd Earl Granville, KG, PC, FRS、1815年5月11日 - 1891年3月31日)は、イギリスの政治家、貴族。ヴィクトリア朝の自由党(ホイッグ党)政権で閣僚職を歴任した。特に第一次・第二次ウィリアム・グラッドストン内閣では長期にわたって外務大臣を務めて活躍した。1833年に父親がグランヴィル伯爵に叙されてから1846年に自身が爵位を継承するまではルーソン卿(Lord Leveson)の儀礼称号を使用した。
dbpedia-owl:activeYearsStartDate
  • 1926-02-01 (xsd:date)
  • 1928-02-01 (xsd:date)
  • 2010-02-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:occupation
dbpedia-owl:party
dbpedia-owl:predecessor
dbpedia-owl:school
dbpedia-owl:successor
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2895105 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 22055 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 341 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58968158 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:before
prop-ja:rows
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:title
  • 23 (xsd:integer)
  • dbpedia-ja:自由党_(イギリス)
  • 外務大臣
  • 枢密院議長
  • 貴族院院内総務
  • 植民地大臣
  • (自由党庶民院院内総務ハーティントン侯爵と共同で)
  • 第2代グランヴィル伯爵
  • 自由党貴族院院内総務
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 1840 (xsd:integer)
  • 1846 (xsd:integer)
  • 1848 (xsd:integer)
  • 1851 (xsd:integer)
  • 1852 (xsd:integer)
  • 1854 (xsd:integer)
  • 1855 (xsd:integer)
  • 1859 (xsd:integer)
  • 1865 (xsd:integer)
  • 1868 (xsd:integer)
  • 1870 (xsd:integer)
  • 1875 (xsd:integer)
  • 1880 (xsd:integer)
  • 1886 (xsd:integer)
prop-ja:人名
  • グランヴィル・ルーソン=ゴア
  • 第2代グランヴィル伯爵
prop-ja:内閣
prop-ja:出生地
  • 、ミドルセックス州、ウェストミンスター、メイフェア
prop-ja:出身校
  • オックスフォード大学クライスト・チャーチ
prop-ja:国旗
  • UK
prop-ja:就任日
  • --01-08
  • --02-06
  • --02-08
  • --04-28
  • --06-18
  • --07-06
  • --09-15
  • --12-10
  • --12-26
  • --12-28
prop-ja:所属政党
prop-ja:死没地
  • 、カウンティ・オブ・ロンドン、ウェストミンスター、メイフェア
prop-ja:没年月日
  • --03-31
prop-ja:生年月日
  • --05-11
prop-ja:画像
  • Second Earl Granville.jpg
prop-ja:称号・勲章
  • ガーター勲章士(KG)、枢密顧問官(PC)、王立協会フェロー(FRS)、第2代グランヴィル伯爵
prop-ja:職名
prop-ja:退任日
  • --01-08
  • --03-31
  • --06-09
  • --07-06
  • --07-20
prop-ja:配偶者
  • キャスタリア
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 第2代グランヴィル伯爵、グランヴィル・ジョージ・ルーソン=ゴア(英: Granville George Leveson-Gower, 2nd Earl Granville, KG, PC, FRS、1815年5月11日 - 1891年3月31日)は、イギリスの政治家、貴族。ヴィクトリア朝の自由党(ホイッグ党)政権で閣僚職を歴任した。特に第一次・第二次ウィリアム・グラッドストン内閣では長期にわたって外務大臣を務めて活躍した。1833年に父親がグランヴィル伯爵に叙されてから1846年に自身が爵位を継承するまではルーソン卿(Lord Leveson)の儀礼称号を使用した。
rdfs:label
  • グランヴィル・ルーソン=ゴア (第2代グランヴィル伯爵)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • グランヴィル・ルーソン=ゴア
  • 第2代グランヴィル伯爵
is dbpedia-owl:predecessor of
is dbpedia-owl:successor of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is prop-ja:before of
is prop-ja:親族(政治家)_ of
is foaf:primaryTopic of