Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • グランディ決議(グランディけつぎ、伊:Ordine del giorno Grandi)とは、1943年7月25日、当時のイタリアの最高諮問機関であるファシズム大評議会において採択された、当時のイタリア王国の首相であるベニート・ムッソリーニに対する首相退任要求決議である。名称は、決議案を提出した、ファシズム大評議会の構成員であったディーノ・グランディに由来する。当時のイタリア王国における首相を任免する権限はイタリア国王の権限であり、この決議は法的に非拘束性のものであったが、当時のイタリア国王ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世は、この決議を支持し、ムッソリーニを首相から解任、逮捕した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3222337 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3935 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 75 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58744662 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • グランディ決議(グランディけつぎ、伊:Ordine del giorno Grandi)とは、1943年7月25日、当時のイタリアの最高諮問機関であるファシズム大評議会において採択された、当時のイタリア王国の首相であるベニート・ムッソリーニに対する首相退任要求決議である。名称は、決議案を提出した、ファシズム大評議会の構成員であったディーノ・グランディに由来する。当時のイタリア王国における首相を任免する権限はイタリア国王の権限であり、この決議は法的に非拘束性のものであったが、当時のイタリア国王ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世は、この決議を支持し、ムッソリーニを首相から解任、逮捕した。
rdfs:label
  • グランディ決議
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of