Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • グラミシジン (gramicidin) は土壌細菌のバシラス属が生産するペプチド性猛毒。摂取するとイオンが細胞膜を通過できるようにしてしまう(イオノフォア)。イオンは、水素イオン・リチウムイオン・ナトリウムイオン・カリウムイオンなどの1価カチオンである。神経・脳、心臓、肺などでナトリウムイオンやカリウムイオンのバランスを崩し、呼吸困難や心臓発作などを起こす。また、グラミシジンは細胞内のタンパク質の製造を停止させ、生命維持が困難になり最悪の場合死に至る。致死量は体重1キログラムあたり15ミリグラムから17ミリグラム。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 632654 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 538 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 20 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47100112 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:atcPrefix
  • R02
prop-ja:atcSuffix
  • AB30
prop-ja:c
  • 99 (xsd:integer)
prop-ja:h
  • 140 (xsd:integer)
prop-ja:kegg
  • D04369
prop-ja:n
  • 20 (xsd:integer)
prop-ja:o
  • 17 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • グラミシジン (gramicidin) は土壌細菌のバシラス属が生産するペプチド性猛毒。摂取するとイオンが細胞膜を通過できるようにしてしまう(イオノフォア)。イオンは、水素イオン・リチウムイオン・ナトリウムイオン・カリウムイオンなどの1価カチオンである。神経・脳、心臓、肺などでナトリウムイオンやカリウムイオンのバランスを崩し、呼吸困難や心臓発作などを起こす。また、グラミシジンは細胞内のタンパク質の製造を停止させ、生命維持が困難になり最悪の場合死に至る。致死量は体重1キログラムあたり15ミリグラムから17ミリグラム。
rdfs:label
  • グラミシジン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of