Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • グラマン ガルフストリーム IIはアメリカ合衆国のグラマン社が開発・製造したビジネスジェット機。グラマンでは初めてのビジネスジェット機であり、ターボプロップ機のグラマン ガルフストリーム Iを大幅改良し、ジェット化した機体である。1966年に初飛行し、1979年までに258機が製造された。アメリカ陸軍ではC-11として、アメリカ沿岸警備隊にもVC-11Aの名称で1機が採用されている。アメリカ航空宇宙局では、スペースシャトルの着陸訓練用にスペースシャトル着陸訓練機(Shuttle Training Aircraft, STA)として、操縦席をスペース・シャトルと同等に改造したものを用いている。機体は、ジェットエンジンを胴体後部左右に持ち、T字尾翼を有する。主翼は低翼配置で後退翼となっている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1868431 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 901 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 12 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55823854 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • グラマン ガルフストリーム IIはアメリカ合衆国のグラマン社が開発・製造したビジネスジェット機。グラマンでは初めてのビジネスジェット機であり、ターボプロップ機のグラマン ガルフストリーム Iを大幅改良し、ジェット化した機体である。1966年に初飛行し、1979年までに258機が製造された。アメリカ陸軍ではC-11として、アメリカ沿岸警備隊にもVC-11Aの名称で1機が採用されている。アメリカ航空宇宙局では、スペースシャトルの着陸訓練用にスペースシャトル着陸訓練機(Shuttle Training Aircraft, STA)として、操縦席をスペース・シャトルと同等に改造したものを用いている。機体は、ジェットエンジンを胴体後部左右に持ち、T字尾翼を有する。主翼は低翼配置で後退翼となっている。
rdfs:label
  • グラマン ガルフストリーム II
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of