Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • グラブス触媒(—しょくばい、Grubbs catalyst)とは、ロバート・グラブスらによって報告されたルテニウムカルベン錯体のことであり、オレフィンメタセシス反応の触媒として主に用いられている。右図に示す2種の錯体がグラブス触媒の代表例として知られており、それぞれ第1世代グラブス触媒、第2世代グラブス触媒と呼ばれている。また、これらの触媒を更に改良したものもいくつか報告されている。一般にグラブス触媒は、オレフィンに対する官能基選択性が高く、また水や酸素にも安定で扱いやすいことから、有機合成化学の分野で広く利用されるようになった。
dbpedia-owl:casNumber
  • 172222-30-9
  • 246047-72-3
dbpedia-owl:iupacName
  • ベンジリデン{1,3-ビス(2,4,6-トリメチルフェニル)-2-イミダゾリジニリデン}ジクロロ(トリシクロヘキシルホスフィン)ルテニウム
  • ベンジリデンビス(トリシクロヘキシルホスフィン)ジクロロルテニウム
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 800029 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3653 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 21 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47227605 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:cas登録番号
  • 172222 (xsd:integer)
  • 246047 (xsd:integer)
prop-ja:iupac
  • ベンジリデン{1,3-ビス(2,4,6-トリメチルフェニル)-2-イミダゾリジニリデン}ジクロロ(トリシクロヘキシルホスフィン)ルテニウム
  • ベンジリデンビス(トリシクロヘキシルホスフィン)ジクロロルテニウム
prop-ja:name
  • 第1世代グラブス触媒
  • 第2世代グラブス触媒
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:分子式
  • C43H72Cl2P2Ru
  • C46H65Cl2N2PRu
prop-ja:分子量
  • 822.960000 (xsd:double)
  • 848.970000 (xsd:double)
prop-ja:形状
  • ピンク色がかった茶色の固体
  • ピンク色の固体
prop-ja:構造式
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:融点
  • 143.500000 (xsd:double)
  • 153 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • グラブス触媒(—しょくばい、Grubbs catalyst)とは、ロバート・グラブスらによって報告されたルテニウムカルベン錯体のことであり、オレフィンメタセシス反応の触媒として主に用いられている。右図に示す2種の錯体がグラブス触媒の代表例として知られており、それぞれ第1世代グラブス触媒、第2世代グラブス触媒と呼ばれている。また、これらの触媒を更に改良したものもいくつか報告されている。一般にグラブス触媒は、オレフィンに対する官能基選択性が高く、また水や酸素にも安定で扱いやすいことから、有機合成化学の分野で広く利用されるようになった。
rdfs:label
  • グラブス触媒
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 第1世代グラブス触媒
  • 第2世代グラブス触媒
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of