Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • グアイアズレン(guaiazulene、アズロン、1,4-ジメチル-7-イソプロピルアズレン)とは濃青色の結晶性炭化水素である。アズレンの誘導体であり、二環式のセスキテルペンに分類される。ユソウ木の樹脂やカモミールオイルなどの精油に含まれ、これらはグアイアズレンの原料として商業利用されている。様々な軟質サンゴにも主要な色素として含まれている。また、グアイオールやアロマデンドレン、ケッシルアルコールなどのセスキテルペン系化合物を脱水素酸化させることによって合成することができる。グアイアズレンは融点が31~33 ℃と低いため取扱いが難しく、母体化合物であるアズレンの融点が99~100 ℃であるのとは対照的である。グアイアズレンの電子状態はアズレンと非常に類似している。水には溶解しないが、濃硫酸およびリン酸に溶解する。
dbpedia-owl:imageSize
  • 200 (xsd:integer)
dbpedia-owl:iupacName
  • 1,4-dimethyl-7-isopropylazulene
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2214119 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3318 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 31 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54818879 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:imagefile
  • Guajazulene Structural Formula V1.svg
prop-ja:imagename
  • Guaiazulene
prop-ja:imagesize
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:iupacname
  • 14 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • グアイアズレン(guaiazulene、アズロン、1,4-ジメチル-7-イソプロピルアズレン)とは濃青色の結晶性炭化水素である。アズレンの誘導体であり、二環式のセスキテルペンに分類される。ユソウ木の樹脂やカモミールオイルなどの精油に含まれ、これらはグアイアズレンの原料として商業利用されている。様々な軟質サンゴにも主要な色素として含まれている。また、グアイオールやアロマデンドレン、ケッシルアルコールなどのセスキテルペン系化合物を脱水素酸化させることによって合成することができる。グアイアズレンは融点が31~33 ℃と低いため取扱いが難しく、母体化合物であるアズレンの融点が99~100 ℃であるのとは対照的である。グアイアズレンの電子状態はアズレンと非常に類似している。水には溶解しないが、濃硫酸およびリン酸に溶解する。
rdfs:label
  • グアイアズレン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of