Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • クール・ブリタニア(Cool Britannia)は、1990年代のイギリス文化の盛んな様、格好よい様を描写する際にメディアが使った用語である。1990年代半ばに造られ、1990年代末に一世を風靡した言葉であり、保守党からの政権交代を果たしたトニー・ブレア首相の労働党政権(第三の道を取り、「ニュー・レイバー」を標榜する)やその政策と密接な関係を持っており、1970年代から1980年代にかけての停滞や混乱の時代の後に来た90年代の楽天的な空気を表す言葉であった。もともとは愛国歌『ルール・ブリタニア』("Rule, Britannia": ブリタニアよ世界を治めよ)とかけた駄洒落であった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 358423 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 8624 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 147 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58858957 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • クール・ブリタニア(Cool Britannia)は、1990年代のイギリス文化の盛んな様、格好よい様を描写する際にメディアが使った用語である。1990年代半ばに造られ、1990年代末に一世を風靡した言葉であり、保守党からの政権交代を果たしたトニー・ブレア首相の労働党政権(第三の道を取り、「ニュー・レイバー」を標榜する)やその政策と密接な関係を持っており、1970年代から1980年代にかけての停滞や混乱の時代の後に来た90年代の楽天的な空気を表す言葉であった。もともとは愛国歌『ルール・ブリタニア』("Rule, Britannia": ブリタニアよ世界を治めよ)とかけた駄洒落であった。
rdfs:label
  • クール・ブリタニア
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:otherTopics of
is foaf:primaryTopic of