Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • クロール法とは、乾式冶金工業において用いられる、チタンの製造工程である。ルクセンブルクでウィリアム・J・クロールが発明した。アメリカに移ったのち、クロールはさらにジルコニウム生産のための手法を開発した。クロール法は殆ど全ての商業生産においてハンター法に取って代わった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2327357 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4453 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 53 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56532930 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • クロール法とは、乾式冶金工業において用いられる、チタンの製造工程である。ルクセンブルクでウィリアム・J・クロールが発明した。アメリカに移ったのち、クロールはさらにジルコニウム生産のための手法を開発した。クロール法は殆ど全ての商業生産においてハンター法に取って代わった。
rdfs:label
  • クロール法
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of