Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • クローラー・トランスポーター(Crawler-transporter)は、スペースシャトル組立棟からクローラーウェイを通ってケネディ宇宙センター第39複合発射施設まで宇宙機を運ぶために用いられる無限軌道の輸送機である。もともとは、アポロ計画、スカイラブ計画、アポロ・ソユーズテスト計画の時代に、サターンIBやサターンVを輸送するために用いられていた。その後、1981年から2011年まではスペースシャトルの輸送に使われた。クローラー・トランスポーターは、移動式発射プラットフォームに載せて輸送を行い、スペースシャトルが宇宙から戻ってきた後は、再びスペースシャトル組立棟に機体を戻す。2機のクローラー・トランスポーターは、ロックウェル・インターナショナルの製造した部品を用いてマリオン・パワーショベルが設計・製造し、費用は1台当たり各1,400万ドルであった。これらは、世界で最も大きい自家動力の陸上車両である。建設当時、直後にドイツのバケットホイールエクスカベーターに抜かれるまでは、世界最大の車両であった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2680904 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5481 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 39 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56111655 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
georss:point
  • 28.58808 -80.65521
rdf:type
rdfs:comment
  • クローラー・トランスポーター(Crawler-transporter)は、スペースシャトル組立棟からクローラーウェイを通ってケネディ宇宙センター第39複合発射施設まで宇宙機を運ぶために用いられる無限軌道の輸送機である。もともとは、アポロ計画、スカイラブ計画、アポロ・ソユーズテスト計画の時代に、サターンIBやサターンVを輸送するために用いられていた。その後、1981年から2011年まではスペースシャトルの輸送に使われた。クローラー・トランスポーターは、移動式発射プラットフォームに載せて輸送を行い、スペースシャトルが宇宙から戻ってきた後は、再びスペースシャトル組立棟に機体を戻す。2機のクローラー・トランスポーターは、ロックウェル・インターナショナルの製造した部品を用いてマリオン・パワーショベルが設計・製造し、費用は1台当たり各1,400万ドルであった。これらは、世界で最も大きい自家動力の陸上車両である。建設当時、直後にドイツのバケットホイールエクスカベーターに抜かれるまでは、世界最大の車両であった。
rdfs:label
  • クローラー・トランスポーター
owl:sameAs
geo:lat
  • 28.588079 (xsd:float)
geo:long
  • -80.655212 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of