Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • クロロエタン (chloroethane) は、有機化合物の一種で、エタンの持つ水素がひとつ塩素に置き換わった構造(示性式 CH3CH2Cl)を持つハロゲン化アルキル。塩化エチル、またはモノクロロエタンとも呼ばれる。かつて、ガソリンに加えられていたテトラエチル鉛の原料として広く用いられていた。甘い香りを持つ無色の気体。
dbpedia-owl:imageSize
  • 100 (xsd:integer)
  • 140 (xsd:integer)
dbpedia-owl:iupacName
  • クロロエタン
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 757261 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1797 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 26 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58867113 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:imagefilel
  • Chloroethane-skeletal.png
prop-ja:imagefiler
  • Chloroethane FormulaV1.svg
prop-ja:imagesizel
  • 100 (xsd:integer)
prop-ja:imagesizer
  • 140 (xsd:integer)
prop-ja:iupacname
  • クロロエタン
prop-ja:name
  • クロロエタン
prop-ja:othernames
  • モノクロロエタン
  • 塩化エチル
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • クロロエタン (chloroethane) は、有機化合物の一種で、エタンの持つ水素がひとつ塩素に置き換わった構造(示性式 CH3CH2Cl)を持つハロゲン化アルキル。塩化エチル、またはモノクロロエタンとも呼ばれる。かつて、ガソリンに加えられていたテトラエチル鉛の原料として広く用いられていた。甘い香りを持つ無色の気体。
rdfs:label
  • クロロエタン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • クロロエタン
  • モノクロロエタン
  • 塩化エチル
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of