Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • クロロアセトフェノン(CN, chloroacetophenone)とは催涙剤の一種で、防犯グッズの催涙スプレーとして市販されている。また、世界各国の警察が暴徒鎮圧用として使用している。日本の警察も保有している。塩化フェナシル (phenacyl chloride)、CNガス とも呼ばれる。目に入ると激しい痛みを感じ、大量には入った場合には一時的に失明する場合もある。涙や鼻汁が出るほか、呼吸器に入ると激しくクシャミが出る。治療としては、大量の水で洗浄する等を行う。曝露時の症状が激しいが後遺症が残ることは無い。1871年にドイツで初めて合成され、1918年にアメリカ合衆国で催涙剤として開発された。日本陸軍においては「みどり剤」と呼称された。刺激閾値:0.3-1.5mg・min/m3ICt50:5-15mg・min/m3LD50:8,500-25,000mg・min/m3↑ ↑ 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 2.6 2.7 ↑ ↑
dbpedia-owl:casNumber
  • 532-27-4
dbpedia-owl:iupacName
  • 2-Chloro-1-phenylethanone
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 826027 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1646 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 18 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58885131 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:cas登録番号
  • 532 (xsd:integer)
prop-ja:iupac
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • クロロアセトフェノン
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:分子式
  • C8H7ClO
prop-ja:分子量
  • 154.590000 (xsd:double)
prop-ja:別名
  • CNガス
  • 塩化フェナシル
prop-ja:構造式
  • 160 (xsd:integer)
prop-ja:融点
  • 26.800000 (xsd:double)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • クロロアセトフェノン(CN, chloroacetophenone)とは催涙剤の一種で、防犯グッズの催涙スプレーとして市販されている。また、世界各国の警察が暴徒鎮圧用として使用している。日本の警察も保有している。塩化フェナシル (phenacyl chloride)、CNガス とも呼ばれる。目に入ると激しい痛みを感じ、大量には入った場合には一時的に失明する場合もある。涙や鼻汁が出るほか、呼吸器に入ると激しくクシャミが出る。治療としては、大量の水で洗浄する等を行う。曝露時の症状が激しいが後遺症が残ることは無い。1871年にドイツで初めて合成され、1918年にアメリカ合衆国で催涙剤として開発された。日本陸軍においては「みどり剤」と呼称された。刺激閾値:0.3-1.5mg・min/m3ICt50:5-15mg・min/m3LD50:8,500-25,000mg・min/m3↑ ↑ 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 2.6 2.7 ↑ ↑
rdfs:label
  • クロロアセトフェノン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • CNガス
  • クロロアセトフェノン
  • 塩化フェナシル
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of