Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • クロストリジウム性筋肉壊死(クロストリジウムせいきんにくえし)とは、壊死性筋膜炎の一つで、S. clostridium(嫌気性グラム陽性桿菌)、特にC. perfringensの感染で進行性に筋が破壊され壊疽に陥る。臨床上では、ガス壊疽が筋組織に及んだ状態である。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 503686 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 429 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 21 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52344702 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • クロストリジウム性筋肉壊死(クロストリジウムせいきんにくえし)とは、壊死性筋膜炎の一つで、S. clostridium(嫌気性グラム陽性桿菌)、特にC. perfringensの感染で進行性に筋が破壊され壊疽に陥る。臨床上では、ガス壊疽が筋組織に及んだ状態である。
rdfs:label
  • クロストリジウム性筋肉壊死
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of