Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • クロザピン(英:Clozapine)は、治療抵抗性統合失調症の治療薬であり、非定型抗精神病薬である。世界初の第二世代抗精神病薬で、1971年にヨーロッパで使用が始まった。しかし副作用として無顆粒球症を起こし、患者が死に至る例もあった為、製造メーカーは1975年に自主的に販売を停止した。その後、他の抗精神病薬で治療困難な統合失調症の治療に効果があることが証明され、アメリカでは1989年より使用が再開された。現在では97ヶ国で承認・使用されている。日本では2009年4月22日付で承認され、クロザリル®の名前でノバルティスファーマより発売されている。しかし無顆粒球症などの重大な副作用もあり、使用する際は定期的に血球数や血糖値をモニターしなくてはならない。クロザピンを使用する医療機関、医療従事者、薬局は、事前にクロザリル患者モニタリングサービス(CPMS)に登録しておく必要がある。CPMSは無顆粒球症や耐糖能異常の早期発見などの為、白血球数,好中球数,血糖検査の確実な実施と処方の判断を支援するサービスである。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1808087 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4529 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 35 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59045944 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:atcPrefix
  • N05
prop-ja:atcSuffix
  • AH02
prop-ja:bioavailability
  • 60 (xsd:integer)
prop-ja:c
  • 18 (xsd:integer)
prop-ja:casNumber
  • 5786 (xsd:integer)
prop-ja:chemspiderid
  • 10442628 (xsd:integer)
prop-ja:cl
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:drugbank
  • APRD00470
prop-ja:eliminationHalfLife
  • 6 (xsd:integer)
prop-ja:excretion
  • 80 (xsd:integer)
prop-ja:h
  • 19 (xsd:integer)
prop-ja:image
  • Clozapine-3D-vdW.png
prop-ja:iupacName
  • 5 (xsd:integer)
  • 8 (xsd:integer)
prop-ja:kegg
  • D00283
prop-ja:legalStatus
  • Prescription only, special restrictions imposed in many countries
prop-ja:meltingPoint
  • 183 (xsd:integer)
prop-ja:metabolism
  • Hepatic, by several CYP isozymes
prop-ja:molecularWeight
  • 326.823000 (xsd:double)
prop-ja:n
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:pregnancyCategory
  • B
prop-ja:pubchem
  • 2818 (xsd:integer)
prop-ja:routesOfAdministration
  • Oral
prop-ja:solubility
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:verifiedrevid
  • 306915710 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • クロザピン(英:Clozapine)は、治療抵抗性統合失調症の治療薬であり、非定型抗精神病薬である。世界初の第二世代抗精神病薬で、1971年にヨーロッパで使用が始まった。しかし副作用として無顆粒球症を起こし、患者が死に至る例もあった為、製造メーカーは1975年に自主的に販売を停止した。その後、他の抗精神病薬で治療困難な統合失調症の治療に効果があることが証明され、アメリカでは1989年より使用が再開された。現在では97ヶ国で承認・使用されている。日本では2009年4月22日付で承認され、クロザリル®の名前でノバルティスファーマより発売されている。しかし無顆粒球症などの重大な副作用もあり、使用する際は定期的に血球数や血糖値をモニターしなくてはならない。クロザピンを使用する医療機関、医療従事者、薬局は、事前にクロザリル患者モニタリングサービス(CPMS)に登録しておく必要がある。CPMSは無顆粒球症や耐糖能異常の早期発見などの為、白血球数,好中球数,血糖検査の確実な実施と処方の判断を支援するサービスである。
rdfs:label
  • クロザピン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of