Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • クレマンティーヌ・ドルレアン(Clémentine d'Orléans, 1817年3月6日 - 1907年2月16日)は、ザクセン=コーブルク=ゴータ公子アウグスト(ポルトガルの王配フェルナンド2世の弟)の妃。ブルガリア王フェルディナンド1世の母。フランス王ルイ・フィリップとその王妃マリー・アメリーの四女として、ヌイイ城(ヌイイ=シュル=セーヌ)で生まれた。姉にベルギー王レオポルド1世(アウグストの叔父)の妃ルイーズ=マリーがいる。未来の王と結婚したいと願った彼女は、1843年4月にサン=クルー城で1歳年下のアウグストと結婚した。なお、1840年にクレマンティーヌの兄ヌムール公ルイ・シャルルとアウグストの妹ヴィクトリアが結婚している。1848年、フランス2月革命でオルレアン朝が倒れ、クレマンティーヌの家族はアウグストの従兄弟エルンスト2世が治めるコーブルク、そしてウィーンへ亡命した。アウグストはその地でオーストリア=ハンガリー帝国の陸軍士官となった。クレマンティーヌは夫が王位に就けないことはわかっていたので、ルイ・フィリップの孫であり、太陽王ルイ14世の子孫でもある息子フェルディナントに、いずこかの国の王位を望んだ。当時、アレクサンダル公(バッテンベルク家出身)が退位して空位となっていたブルガリア公国に、クレマンティーヌは目を付けた。彼女は積極的にフェルディナント選出のロビー活動を行った。目を見張るほどヨーロッパ政治外交に精通していたクレマンティーヌは、しばしばフェルディナントをヨーロッパ旅行に出して見聞を広めさせた。突出した資産家だった彼女は、新たな祖国ブルガリアに多額の寄付をしたことで、一躍国民に顔が知れ渡った(ブルガリアの鉄道をヨーロッパの鉄道網とつなぐために、4億フランを寄付した)。年月とともに彼女は人の話を聞かなくなり、補聴器に頼るようになり、周囲の人たちは聞こえるように声を大きくしなければならなかった。ブルガリア宮廷ではこれは職業上の災難ともなり、彼女がいやいや終わらせるよう長い大声の議論がされた。1907年、クレマンティーヌはウィーンにて90歳で亡くなった。彼女はコーブルクに埋葬され、墓標に「王の娘だが自身は王妃ではなく、王の母となった」と刻まれた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1017006 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2724 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 59 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54063928 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • クレマンティーヌ・ドルレアン(Clémentine d'Orléans, 1817年3月6日 - 1907年2月16日)は、ザクセン=コーブルク=ゴータ公子アウグスト(ポルトガルの王配フェルナンド2世の弟)の妃。ブルガリア王フェルディナンド1世の母。フランス王ルイ・フィリップとその王妃マリー・アメリーの四女として、ヌイイ城(ヌイイ=シュル=セーヌ)で生まれた。姉にベルギー王レオポルド1世(アウグストの叔父)の妃ルイーズ=マリーがいる。未来の王と結婚したいと願った彼女は、1843年4月にサン=クルー城で1歳年下のアウグストと結婚した。なお、1840年にクレマンティーヌの兄ヌムール公ルイ・シャルルとアウグストの妹ヴィクトリアが結婚している。1848年、フランス2月革命でオルレアン朝が倒れ、クレマンティーヌの家族はアウグストの従兄弟エルンスト2世が治めるコーブルク、そしてウィーンへ亡命した。アウグストはその地でオーストリア=ハンガリー帝国の陸軍士官となった。クレマンティーヌは夫が王位に就けないことはわかっていたので、ルイ・フィリップの孫であり、太陽王ルイ14世の子孫でもある息子フェルディナントに、いずこかの国の王位を望んだ。当時、アレクサンダル公(バッテンベルク家出身)が退位して空位となっていたブルガリア公国に、クレマンティーヌは目を付けた。彼女は積極的にフェルディナント選出のロビー活動を行った。目を見張るほどヨーロッパ政治外交に精通していたクレマンティーヌは、しばしばフェルディナントをヨーロッパ旅行に出して見聞を広めさせた。突出した資産家だった彼女は、新たな祖国ブルガリアに多額の寄付をしたことで、一躍国民に顔が知れ渡った(ブルガリアの鉄道をヨーロッパの鉄道網とつなぐために、4億フランを寄付した)。年月とともに彼女は人の話を聞かなくなり、補聴器に頼るようになり、周囲の人たちは聞こえるように声を大きくしなければならなかった。ブルガリア宮廷ではこれは職業上の災難ともなり、彼女がいやいや終わらせるよう長い大声の議論がされた。1907年、クレマンティーヌはウィーンにて90歳で亡くなった。彼女はコーブルクに埋葬され、墓標に「王の娘だが自身は王妃ではなく、王の母となった」と刻まれた。
rdfs:label
  • クレマンティーヌ・ドルレアン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:parent of
is dbpedia-owl:spouse of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:母親 of
is prop-ja:配偶者 of
is foaf:primaryTopic of