Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • クレオメネス(希:Κλεομένης, ラテン文字転記:KleomenesあるいはCleomenes)は、ギリシア人に見られる男性名である。古代スパルタ人クレオメネス1世 - 紀元前6世紀末から紀元前5世紀初めにかけてのスパルタ王。クレオメネス2世 - 紀元前4世紀のスパルタ王。クレオメネス3世 - 紀元前3世紀後半のスパルタ王。将軍パウサニアスの子で、スパルタ王プレイストアナクスの弟。幼かった甥のパウサニアス王の代わりに紀元前427年にアッティカに遠征した。クレオメネス2世の孫で、甥のアゲシポリス3世の後見人を務めたスパルタの王族。詩人キオニデスとアリストファネスによって非難されたレギオンの酒神賛歌詩人。彼はエピクラテスがサッポー、メレトス、ラミュンティオスとのつながりで言及しているところによれば、エロティックな作品を書いた。他の喜劇作家の彼への言及は紀元前5世紀の後半のものである。彼の詩の一部はメレアグロスによって表題をつけられた。オリュンピア祭の時にエンペドクレスのkatharmoiにおいて引用された吟遊詩人。ナウクラティスのクレオメネス - エジプトを支配したアレクサンドロス3世の家臣。クレオメネス (彫刻家) - 古代ギリシアの彫刻家。紀元前4世紀中頃のボイオタルケス。キュニコス学派の哲学者で、メトロクレスの弟子。ディオゲネス・ラエルティオスによって引用された教育に関する著作を書いた。ホメロスとヘシオドスの注釈者。上記の哲学者と同一人物かもしれない。プルタルコスによって自然に関する意見とblimiaと呼ばれた病気の原因を与えたとして紹介された医者。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1658633 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1201 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 46 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47319213 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • クレオメネス(希:Κλεομένης, ラテン文字転記:KleomenesあるいはCleomenes)は、ギリシア人に見られる男性名である。古代スパルタ人クレオメネス1世 - 紀元前6世紀末から紀元前5世紀初めにかけてのスパルタ王。クレオメネス2世 - 紀元前4世紀のスパルタ王。クレオメネス3世 - 紀元前3世紀後半のスパルタ王。将軍パウサニアスの子で、スパルタ王プレイストアナクスの弟。幼かった甥のパウサニアス王の代わりに紀元前427年にアッティカに遠征した。クレオメネス2世の孫で、甥のアゲシポリス3世の後見人を務めたスパルタの王族。詩人キオニデスとアリストファネスによって非難されたレギオンの酒神賛歌詩人。彼はエピクラテスがサッポー、メレトス、ラミュンティオスとのつながりで言及しているところによれば、エロティックな作品を書いた。他の喜劇作家の彼への言及は紀元前5世紀の後半のものである。彼の詩の一部はメレアグロスによって表題をつけられた。オリュンピア祭の時にエンペドクレスのkatharmoiにおいて引用された吟遊詩人。ナウクラティスのクレオメネス - エジプトを支配したアレクサンドロス3世の家臣。クレオメネス (彫刻家) - 古代ギリシアの彫刻家。紀元前4世紀中頃のボイオタルケス。キュニコス学派の哲学者で、メトロクレスの弟子。ディオゲネス・ラエルティオスによって引用された教育に関する著作を書いた。ホメロスとヘシオドスの注釈者。上記の哲学者と同一人物かもしれない。プルタルコスによって自然に関する意見とblimiaと呼ばれた病気の原因を与えたとして紹介された医者。
rdfs:label
  • クレオメネス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of