Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:Person/height
  • 152.4
dbpedia-owl:Person/weight
  • 83.916
dbpedia-owl:abstract
  • クレイグ・アラン・ビジオ(Craig Alan Biggio、1965年12月14日 - )は、アメリカ合衆国・ニューヨーク州スミスタウン出身の元プロ野球選手。二塁手、右投右打。現役時代の全てをヒューストン・アストロズで過ごしたフランチャイズ・プレーヤー。通算試合・通算安打・通算二塁打・通算得点などでアストロズの球団記録を保持する、球団史を代表する選手の一人である。日本語メディアではビッジオと表記されることもある。ジェフ・バグウェルとは1992年から2002年まで一・二塁間でコンビを組み、打撃でもキラーB's(バグウェルとビジオ、またベル、バークマン、後にベルトランなどアストロズの中核打者たちの多くが頭文字「B」で始まることとアフリカナイズドミツバチの通称「殺人蜂」とを掛けている)の中心としてチームを牽引してきた。2007年をもって引退を表明。がんと戦う子供たちを支援する基金のために資金調達を行うなど慈善活動が認められメジャーリーグからロベルト・クレメンテ賞が送られることが決まった。時事通信によると本人は「クレメンテは野球界の真の伝説。彼の名を冠したこの賞は大リーガーにとって最大級に名誉なこと」と喜びを表した。 
dbpedia-owl:battingSide
dbpedia-owl:birthDate
  • 1965-12-14 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:commonName
  • クレイグ・ビジオ
dbpedia-owl:height
  • 1.524000 (xsd:double)
dbpedia-owl:position
dbpedia-owl:team
dbpedia-owl:throwingSide
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:weight
  • 83916.000000 (xsd:double)
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 639747 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 10381 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 92 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57109486 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:br
  • b/biggicr01
prop-ja:cube
  • Craig-Biggio
prop-ja:fangraphs
  • 549 (xsd:integer)
prop-ja:title
  • 獲得タイトル・記録
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ドラフト順位
  • ドラフト1巡目でヒューストン・アストロズから指名
prop-ja:プロ入り年度
  • 1987 (xsd:integer)
prop-ja:体重
  • 185 (xsd:integer)
prop-ja:写真サイズ
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:出身地
  • ニューヨーク州スミスタウン
prop-ja:初出場
  • --06-26
prop-ja:利き腕
prop-ja:守備位置
prop-ja:得票率
  • 82.700000 (xsd:double)
prop-ja:打席
prop-ja:最終出場
  • --09-30
prop-ja:生年月日
  • 1965-12-14 (xsd:date)
prop-ja:経歴
  • * ヒューストン・アストロズ(1988 - 2007)
prop-ja:英語表記
  • Craig Biggio
prop-ja:身長
  • 311.0
prop-ja:選出国
  • アメリカ
prop-ja:選出年
  • 2015 (xsd:integer)
prop-ja:選出方法
prop-ja:選手写真ファイル名
  • Craig Biggio.jpg
prop-ja:選手名
  • クレイグ・ビジオ
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • クレイグ・アラン・ビジオ(Craig Alan Biggio、1965年12月14日 - )は、アメリカ合衆国・ニューヨーク州スミスタウン出身の元プロ野球選手。二塁手、右投右打。現役時代の全てをヒューストン・アストロズで過ごしたフランチャイズ・プレーヤー。通算試合・通算安打・通算二塁打・通算得点などでアストロズの球団記録を保持する、球団史を代表する選手の一人である。日本語メディアではビッジオと表記されることもある。ジェフ・バグウェルとは1992年から2002年まで一・二塁間でコンビを組み、打撃でもキラーB's(バグウェルとビジオ、またベル、バークマン、後にベルトランなどアストロズの中核打者たちの多くが頭文字「B」で始まることとアフリカナイズドミツバチの通称「殺人蜂」とを掛けている)の中心としてチームを牽引してきた。2007年をもって引退を表明。がんと戦う子供たちを支援する基金のために資金調達を行うなど慈善活動が認められメジャーリーグからロベルト・クレメンテ賞が送られることが決まった。時事通信によると本人は「クレメンテは野球界の真の伝説。彼の名を冠したこの賞は大リーガーにとって最大級に名誉なこと」と喜びを表した。 
rdfs:label
  • クレイグ・ビジオ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Craig Biggio
  • クレイグ・ビジオ
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:homehr of
is prop-ja:roadhr of
is foaf:primaryTopic of