Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • クレアチン (creatine) とは、1-メチルグアニジノ酢酸(あるいはメチルグリコシアミン)のことで、有機酸の一種である。略号は Cr。筋肉中に存在する。クレアチンは生体内において4-ホスホクレアチン(クレアチンリン酸)に変換され、エネルギー源として貯蔵される(後述)。そのため、瞬発力を必要とするスポーツなどに有効といわれており、クレアチンパウダーが多数のメーカーからサプリメントとして販売されている。クレアチンの代謝産物がクレアチニンで、腎機能の評価(クレアチニンクリアランス)に利用される物質として代表的である。
dbpedia-owl:imageSize
  • 125 (xsd:integer)
dbpedia-owl:iupacName
  • 2-(カルバミミドイルメチルアミノ)酢酸
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 46289 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2206 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 40 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53712408 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:imagefilel
  • Creatine2.png
prop-ja:imagefiler
  • Creatine-3d.png
prop-ja:imagenamel
  • Creatine
prop-ja:imagesizel
  • 125 (xsd:integer)
prop-ja:imagesizer
  • 125 (xsd:integer)
prop-ja:iupacname
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • クレアチン
prop-ja:othernames
  • 酢酸
  • N-アミドノサルコシン
  • メチルグアニジノ酢酸
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • クレアチン (creatine) とは、1-メチルグアニジノ酢酸(あるいはメチルグリコシアミン)のことで、有機酸の一種である。略号は Cr。筋肉中に存在する。クレアチンは生体内において4-ホスホクレアチン(クレアチンリン酸)に変換され、エネルギー源として貯蔵される(後述)。そのため、瞬発力を必要とするスポーツなどに有効といわれており、クレアチンパウダーが多数のメーカーからサプリメントとして販売されている。クレアチンの代謝産物がクレアチニンで、腎機能の評価(クレアチニンクリアランス)に利用される物質として代表的である。
rdfs:label
  • クレアチン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • N-アミドノサルコシン
  • クレアチン
  • メチルグアニジノ酢酸
  • (α-メチルグアニド)酢酸
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of