Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • クループ (英:croup、laryngotracheobronchitis) は、急性の喉頭狭窄により吸気性喘鳴や犬吠様咳嗽、嗄声、吸気性呼吸困難などを呈する疾患の総称。感染性が多いが、異物、外傷、アレルギーによるものもある。感染性クループにはジフテリアによる真性クループとそれ以外の仮性クループがある。DPTワクチンによりジフテリアはほぼ見られなくなったため、現在感染性クループの多くは上気道のウイルス感染により惹き起こされる。感染によって喉が腫れ、呼吸が妨げられて呼吸困難に陥りやすい。症状の程度は様々だが、夜間に増悪する事が多い。治療法にはよくステロイドの経口単回投与が用いられ、重度の場合はアドレナリン吸入を使用することもある。入院の必要性は低いことが多い。クループは臨床現場でこれより重度の病因(例:喉頭蓋炎や気道内 誤嚥等)が除外されたのち、診断される。通常、血液検査やX線、培養検査等の追加の検査は不要とされる。比較的よくみられる症状で、小児の約15%が一度は感染を経験し、生後6ヵ月から5~6歳の小児に最も多い。10代や成人の感染例はまずない。かつてはジフテリアが主因であったが、ジフテリアは現在日本や西洋ではワクチン摂取の成功や公衆衛生および生活水準の向上により主に歴史的意義を残すものとなっている。 日本ではDT,DPT,DPT-IPVワクチンが公費で定期予防接種として投与されている。これらのワクチンの「D」はジフテリアを意味する。
dbpedia-owl:commonName
  • Croup
dbpedia-owl:icd10
  • J05.0
dbpedia-owl:icd9
  • 464.4
dbpedia-owl:meshId
  • D003440
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1075618 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 10205 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 114 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55069514 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • 小児のクループ患者の頸部レントゲン写真。「steeple sign」が認められる。
prop-ja:description
  • クループ患者(生後13ヵ月小児)の呼気時および吸気時喘鳴
prop-ja:diseasesdb
  • 13233 (xsd:integer)
prop-ja:emedicinesubj
  • ped
prop-ja:emedicinetopic
  • 510 (xsd:integer)
prop-ja:filename
  • Stridor 2OGG.ogg
prop-ja:format
prop-ja:icd
  • 464.400000 (xsd:double)
  • J05.0
prop-ja:medlineplus
  • 959 (xsd:integer)
prop-ja:meshid
  • D003440
prop-ja:name
  • Croup
prop-ja:title
  • Stridor
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • クループ (英:croup、laryngotracheobronchitis) は、急性の喉頭狭窄により吸気性喘鳴や犬吠様咳嗽、嗄声、吸気性呼吸困難などを呈する疾患の総称。感染性が多いが、異物、外傷、アレルギーによるものもある。感染性クループにはジフテリアによる真性クループとそれ以外の仮性クループがある。DPTワクチンによりジフテリアはほぼ見られなくなったため、現在感染性クループの多くは上気道のウイルス感染により惹き起こされる。感染によって喉が腫れ、呼吸が妨げられて呼吸困難に陥りやすい。症状の程度は様々だが、夜間に増悪する事が多い。治療法にはよくステロイドの経口単回投与が用いられ、重度の場合はアドレナリン吸入を使用することもある。入院の必要性は低いことが多い。クループは臨床現場でこれより重度の病因(例:喉頭蓋炎や気道内 誤嚥等)が除外されたのち、診断される。通常、血液検査やX線、培養検査等の追加の検査は不要とされる。比較的よくみられる症状で、小児の約15%が一度は感染を経験し、生後6ヵ月から5~6歳の小児に最も多い。10代や成人の感染例はまずない。かつてはジフテリアが主因であったが、ジフテリアは現在日本や西洋ではワクチン摂取の成功や公衆衛生および生活水準の向上により主に歴史的意義を残すものとなっている。 日本ではDT,DPT,DPT-IPVワクチンが公費で定期予防接種として投与されている。これらのワクチンの「D」はジフテリアを意味する。
rdfs:label
  • Croup
  • クループ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of