Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • クルム伊達公子(クルムだて きみこ、Kimiko Date-Krumm、1970年9月28日 - )は、日本の女子プロテニス選手。京都府京都市上京区出身。WTAランキング自己最高位はシングルス4位(現行システムでの日本人最高位タイ)、ダブルス28位。WTAツアー通算でシングルス8勝(日本人歴代2位記録)、ダブルス6勝を挙げている。アジア出身の女子テニス選手として、史上初めてシングルス世界ランクトップ10入り、日本人21年ぶりのグランドスラムシングルスベスト4、日本人女子初の全仏オープンシングルスベスト4・ウィンブルドンシングルスベスト4進出者。現在日本人女子最後の4大大会シングルスベスト4進出者である。4大大会で女子シングルス準決勝に3回・ベスト8入り6回は共に日本女子選手歴代最多記録。すべての4大大会でベスト8入りした最初の日本人女性でもある。現在女子世界ランク100位内選手の中でも最年長選手であり、2番目に年長のビーナス・ウィリアムズより10歳年上である。全豪オープン勝利(オープン化以降)・ウィンブルドン3回戦進出の最年長記録、WTAツアーシングルス優勝・全仏オープン勝利の歴代2位の年長記録を保持している。2010年10月にWTA史上初の40歳以上でトップ10の選手に勝利を記録した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2722928 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 24003 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 382 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58697964 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:id
  • 1860 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • クルム伊達公子
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ウィンブルドン
  • ベスト4(1996)
prop-ja:ウィンブルドンダブルス
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:シングルス
  • 8 (xsd:integer)
prop-ja:シングルス最高
  • --11-13
prop-ja:ダブルス
  • 6 (xsd:integer)
prop-ja:ダブルス最高
  • --01-19
prop-ja:ツアー通算
  • 14 (xsd:integer)
prop-ja:デビュー年
  • 1989 (xsd:integer)
prop-ja:バックハンド
  • 両手打ち
prop-ja:フルネーム(英語名)_
  • Kimiko Date-Krumm
prop-ja:体重
  • 53.0
prop-ja:全仏オープン
  • ベスト4(1995)
prop-ja:全仏オープンダブルス
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:全米オープン
  • ベスト8(1993・94)
prop-ja:全米オープンダブルス
  • ベスト4(2014)
prop-ja:全豪オープン
  • ベスト4(1994)
prop-ja:全豪オープンダブルス
  • ベスト8(1992)
prop-ja:写真
  • Kimiko Date Krumm 2010 Toray Pan Pacific Open.jpg
prop-ja:写真のコメント
  • クルム伊達公子
prop-ja:写真サイズ
  • 230 (xsd:integer)
prop-ja:出身地
  • 同・京都府京都市
prop-ja:利き手
prop-ja:更新日時
  • --01-19
prop-ja:誕生日
  • 1970-09-28 (xsd:date)
prop-ja:身長
  • 163.0
prop-ja:選手名(日本語)_
  • クルム伊達公子
prop-ja:選手名(英語)_
  • Kimiko Date-Krumm
dcterms:subject
rdfs:comment
  • クルム伊達公子(クルムだて きみこ、Kimiko Date-Krumm、1970年9月28日 - )は、日本の女子プロテニス選手。京都府京都市上京区出身。WTAランキング自己最高位はシングルス4位(現行システムでの日本人最高位タイ)、ダブルス28位。WTAツアー通算でシングルス8勝(日本人歴代2位記録)、ダブルス6勝を挙げている。アジア出身の女子テニス選手として、史上初めてシングルス世界ランクトップ10入り、日本人21年ぶりのグランドスラムシングルスベスト4、日本人女子初の全仏オープンシングルスベスト4・ウィンブルドンシングルスベスト4進出者。現在日本人女子最後の4大大会シングルスベスト4進出者である。4大大会で女子シングルス準決勝に3回・ベスト8入り6回は共に日本女子選手歴代最多記録。すべての4大大会でベスト8入りした最初の日本人女性でもある。現在女子世界ランク100位内選手の中でも最年長選手であり、2番目に年長のビーナス・ウィリアムズより10歳年上である。全豪オープン勝利(オープン化以降)・ウィンブルドン3回戦進出の最年長記録、WTAツアーシングルス優勝・全仏オープン勝利の歴代2位の年長記録を保持している。2010年10月にWTA史上初の40歳以上でトップ10の選手に勝利を記録した。
rdfs:label
  • クルム伊達公子
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:spouse of
is foaf:primaryTopic of