Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • クルペオギツネ(学名:Lycalopex culpaeus)は、南米に棲息するイヌ科動物の一種。南米大陸において、タテガミオオカミに次いで二番目に大きい在来のイヌ科動物である。外見上はアカギツネとの類似点が多い。灰色と赤みがかった色の毛皮、白い顎、赤みがかった脚といった特徴があり、また背中には縞があるが、これはほとんど見えない。齧歯類やウサギ類、鳥類、トカゲ類を主な餌とするが、植物質や腐肉も食べる。時折ヒツジを襲うことがあるため、しばしば駆除の対象となる。地域によっては希少となっているが、種全体としては絶滅のおそれはない。
dbpedia-owl:conservationStatus
  • LC
dbpedia-owl:family
dbpedia-owl:order
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3192030 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3422 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 44 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57727010 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:status
  • LC
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:名称
  • クルペオギツネ
prop-ja:和名
  • クルペオギツネ
prop-ja:学名
  •  
prop-ja:生息図
prop-ja:生息図キャプション
  • クルペオギツネの分布域
prop-ja:画像
  •  250px
prop-ja:
  • ネコ目
prop-ja:省略
  • 哺乳綱
prop-ja:
  • イヌ科
prop-ja:
  • クルペオギツネ
prop-ja:英名
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • クルペオギツネ(学名:Lycalopex culpaeus)は、南米に棲息するイヌ科動物の一種。南米大陸において、タテガミオオカミに次いで二番目に大きい在来のイヌ科動物である。外見上はアカギツネとの類似点が多い。灰色と赤みがかった色の毛皮、白い顎、赤みがかった脚といった特徴があり、また背中には縞があるが、これはほとんど見えない。齧歯類やウサギ類、鳥類、トカゲ類を主な餌とするが、植物質や腐肉も食べる。時折ヒツジを襲うことがあるため、しばしば駆除の対象となる。地域によっては希少となっているが、種全体としては絶滅のおそれはない。
rdfs:label
  • クルペオギツネ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 哺乳綱
  • クルペオギツネ
  • w:Culpeo
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of