Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • クリームパン(Custard Filled Brioches)は、中にカスタードクリームが入っている菓子パンの一種である。派生種の中には生クリーム、チョコレートクリーム、コーヒークリーム等を使用したものもある。 シュークリームの美味しさに感銘を受けた中村屋の創業者相馬愛蔵が1904年(明治37年)にそれをヒントにクリームパンの製造・販売を始めたのが元祖である。現在では、広島に本店を置く八天堂の「くりーむパン」が有名商品である。製法として、クリームを生地内に詰めてから焼成するものと、焼成後にシュークリームのクリームを詰めるような道具で生地にクリームを詰めるものがある。クリームパンにグローブ型が多いのは詰め物をしたパンは焼く時に中身に空洞が出来やすい為、空気を抜く為にグローブ型の切れ込みを入れたとする説と切れ込みから中身が判る様にする為とする説がある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 636376 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 763 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 14 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56198400 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • クリームパン(Custard Filled Brioches)は、中にカスタードクリームが入っている菓子パンの一種である。派生種の中には生クリーム、チョコレートクリーム、コーヒークリーム等を使用したものもある。 シュークリームの美味しさに感銘を受けた中村屋の創業者相馬愛蔵が1904年(明治37年)にそれをヒントにクリームパンの製造・販売を始めたのが元祖である。現在では、広島に本店を置く八天堂の「くりーむパン」が有名商品である。製法として、クリームを生地内に詰めてから焼成するものと、焼成後にシュークリームのクリームを詰めるような道具で生地にクリームを詰めるものがある。クリームパンにグローブ型が多いのは詰め物をしたパンは焼く時に中身に空洞が出来やすい為、空気を抜く為にグローブ型の切れ込みを入れたとする説と切れ込みから中身が判る様にする為とする説がある。
rdfs:label
  • クリームパン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of