Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • クリーブランド・スタジアム(Cleveland Stadium)は、アメリカのオハイオ州クリーブランドにかつて存在したスタジアム。クリーブランド・ミュニシバル・スタジアムまたは単にミュニシパル・スタジアムと呼ばれたこともある。MLBクリーブランド・インディアンスが1932年から1993年まで(1932年から1946年までは前本拠地リーグ・パークと併用)、NFLクリーブランド・ラムズ(現セントルイス・ラムズ)が1937年から1945年まで(1938年と1942年を除く)、同クリーブランド・ブラウンズが1946年から1995年まで本拠地にしていた。「1932年に開催される夏季オリンピック誘致のために建設された」と言われているが、これは間違い。開催地は既にロサンゼルスに決まっていたため。秋から春にかけて冷たい風が吹き込み、夏には蚊やカゲロウの群れが飛来することから観客の評判が非常に悪く、また選手からも「グラウンドのコンディションが酷い」「ダグアウトで下水が逆流する」と文句が絶えなかった。このため「湖畔の失敗(The Mistake on the Lake)」と蔑まれた。現在、跡地にはブラウンズの本拠地クリーブランド・ブラウンズ・スタジアムが建っている。日本のプロ野球チーム、中日ドラゴンズのかつての本拠地・ナゴヤ球場(建設時は『中日スタジアム』)はこの球場をモデルに設計している。
dbpedia-owl:predecessor
dbpedia-owl:successor
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 522633 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3471 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 68 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58325542 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:before
prop-ja:title
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 第21回(1954年)
  • 第28回(1960年)
  • 第34回(1963年)
  • 第3回(1935年)
  • 第52回(1981年)
prop-ja:グラウンド
prop-ja:スタジアム名称
  • Cleveland Stadium
  • ミュニシパル・スタジアム
prop-ja:フェンスの高さ
  • 8 (xsd:integer)
prop-ja:使用チーム、大会
  • クリーブランド・インディアンス(1932年 〜 1993年) 、セントルイス・ラムズ(1937年 、1939年 〜 1941年 、1944年 〜 1945年) 、クリーブランド・ブラウンズ(1946年 〜 1995年)
prop-ja:収容能力
  • 74483 (xsd:integer)
prop-ja:取り壊し
  • --01-01
prop-ja:建設者
  • Osborn Engineering Co.
prop-ja:建設費
  • 300 (xsd:integer)
  • 360 (xsd:integer)
  • 500 (xsd:integer)
prop-ja:愛称
  • Lakefront Stadium
prop-ja:所在地
  • 1085 (xsd:integer)
  • Cleveland, OH 44114
prop-ja:所有者
  • クリーブランド市
prop-ja:規模
  • バックネット - 60 ft (約18.3 m)
  • 中堅 - 400 ft (約121.9 m)
  • 右中間 - 385 ft (約117.3 m)
  • 左中間 - 385 ft (約117.3 m)
  • 右翼 - 320 ft (約97.5 m)
  • 左翼 - 320 ft (約97.5 m)
prop-ja:設計者
  • F.R. Walker
prop-ja:起工
  • --06-24
prop-ja:閉場
  • --12-17
prop-ja:開場
  • --07-01
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • クリーブランド・スタジアム(Cleveland Stadium)は、アメリカのオハイオ州クリーブランドにかつて存在したスタジアム。クリーブランド・ミュニシバル・スタジアムまたは単にミュニシパル・スタジアムと呼ばれたこともある。MLBクリーブランド・インディアンスが1932年から1993年まで(1932年から1946年までは前本拠地リーグ・パークと併用)、NFLクリーブランド・ラムズ(現セントルイス・ラムズ)が1937年から1945年まで(1938年と1942年を除く)、同クリーブランド・ブラウンズが1946年から1995年まで本拠地にしていた。「1932年に開催される夏季オリンピック誘致のために建設された」と言われているが、これは間違い。開催地は既にロサンゼルスに決まっていたため。秋から春にかけて冷たい風が吹き込み、夏には蚊やカゲロウの群れが飛来することから観客の評判が非常に悪く、また選手からも「グラウンドのコンディションが酷い」「ダグアウトで下水が逆流する」と文句が絶えなかった。このため「湖畔の失敗(The Mistake on the Lake)」と蔑まれた。現在、跡地にはブラウンズの本拠地クリーブランド・ブラウンズ・スタジアムが建っている。日本のプロ野球チーム、中日ドラゴンズのかつての本拠地・ナゴヤ球場(建設時は『中日スタジアム』)はこの球場をモデルに設計している。
rdfs:label
  • クリーブランド・スタジアム
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:venue of
is prop-ja:スタジアム of
is foaf:primaryTopic of