Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • クリューサーオール(古希: Χρυσάωρ, Chrȳsāōr)は、ギリシア神話に登場する人物あるいは怪物である。その名は「黄金の剣を持てる者」の意。ポセイドーンとゴルゴーン三姉妹の一人メドゥーサの息子。長母音を省略してクリュサオルとも表記される。ペルセウスがメドゥーサの首をはねた際に、その流血が海(すなわちポセイドーン)にしたたり、ペーガソスと共に産まれた。つまり、ペーガソスとは双子となる。ただし、血が滴ったのは大地であるとも、傷口から飛び出したともいわれる。生まれた時から黄金の剣を持っており、その剣を振り回したという。オーケアノスの娘カリロエーとの間にゲーリュオーンとエキドナをもうけた。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 340078 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 434 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 14 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58899245 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • クリューサーオール(古希: Χρυσάωρ, Chrȳsāōr)は、ギリシア神話に登場する人物あるいは怪物である。その名は「黄金の剣を持てる者」の意。ポセイドーンとゴルゴーン三姉妹の一人メドゥーサの息子。長母音を省略してクリュサオルとも表記される。ペルセウスがメドゥーサの首をはねた際に、その流血が海(すなわちポセイドーン)にしたたり、ペーガソスと共に産まれた。つまり、ペーガソスとは双子となる。ただし、血が滴ったのは大地であるとも、傷口から飛び出したともいわれる。生まれた時から黄金の剣を持っており、その剣を振り回したという。オーケアノスの娘カリロエーとの間にゲーリュオーンとエキドナをもうけた。
rdfs:label
  • クリューサーオール
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of