Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • クリプトン(Kr)の同位体は31種類が知られる。天然に存在するクリプトンは5種類の安定同位体と1つの放射性同位体からなる。大気中の反応からできる81Krは、他のクリプトンの天然同位体の原料になる。半減期は25万年である。クリプトンは水面近くでは極めて揮発しやすく、81Krは地下水の、5万年から80万年までの年代測定に用いられる。78Krは、二重電子捕獲を起こす核種であるが、確率は低く、半減期は1.1×1020年以上と推定されている。85Krは不活性の放射性ガスで、半減期は10.76年である。ウランやプルトニウムの核分裂反応により生成し、核実験や原子炉の中で作られる。85Krは燃料棒の再処理の過程で、全量が環境に放出される。1940年代の大気中濃度は、空気1m3あたり0.001ベクレル以下であったが、現在の濃度は1m3あたり1ベクレル以上とされている。多くの原子炉が北半球にあるため、北極の方が南極より30%も濃度が高いことが報告されている。ベータ崩壊し、ルビジウム-85(85Rb)となる。標準原子量は83.798(2) uである。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1687839 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 8053 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 28 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49751421 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • クリプトン(Kr)の同位体は31種類が知られる。天然に存在するクリプトンは5種類の安定同位体と1つの放射性同位体からなる。大気中の反応からできる81Krは、他のクリプトンの天然同位体の原料になる。半減期は25万年である。クリプトンは水面近くでは極めて揮発しやすく、81Krは地下水の、5万年から80万年までの年代測定に用いられる。78Krは、二重電子捕獲を起こす核種であるが、確率は低く、半減期は1.1×1020年以上と推定されている。85Krは不活性の放射性ガスで、半減期は10.76年である。ウランやプルトニウムの核分裂反応により生成し、核実験や原子炉の中で作られる。85Krは燃料棒の再処理の過程で、全量が環境に放出される。1940年代の大気中濃度は、空気1m3あたり0.001ベクレル以下であったが、現在の濃度は1m3あたり1ベクレル以上とされている。多くの原子炉が北半球にあるため、北極の方が南極より30%も濃度が高いことが報告されている。ベータ崩壊し、ルビジウム-85(85Rb)となる。標準原子量は83.798(2) uである。
rdfs:label
  • クリプトンの同位体
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of