Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • クリプタンド (cryptand) は2つ以上の環からなるかご状の多座配位子の総称で、さまざまなカチオンに対して選択的な配位能力を持つさまざまなクリプタンドが知られている。1987年のノーベル化学賞は、クリプタンドとクラウンエーテルを発見・開発し、超分子化学の発展の礎を築いたドナルド・クラム、ジャン=マリー・レーン、チャールズ・ペダーセンの3者に与えられた。「クリプタンド」の名は、取り込まれたゲスト分子を墓 (crypt) に埋葬された遺骸になぞらえて付けられた。クリプタンドはクラウンエーテルの設計概念を三次元構造へと展開したもので、より高い選択性と包接能力を持つ。生成する錯体は脂溶性を示す。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 978306 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3026 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 17 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56863862 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • クリプタンド (cryptand) は2つ以上の環からなるかご状の多座配位子の総称で、さまざまなカチオンに対して選択的な配位能力を持つさまざまなクリプタンドが知られている。1987年のノーベル化学賞は、クリプタンドとクラウンエーテルを発見・開発し、超分子化学の発展の礎を築いたドナルド・クラム、ジャン=マリー・レーン、チャールズ・ペダーセンの3者に与えられた。「クリプタンド」の名は、取り込まれたゲスト分子を墓 (crypt) に埋葬された遺骸になぞらえて付けられた。クリプタンドはクラウンエーテルの設計概念を三次元構造へと展開したもので、より高い選択性と包接能力を持つ。生成する錯体は脂溶性を示す。
rdfs:label
  • クリプタンド
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of