Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • カライスクロスの子クリティアス(希: Κριτίας,英:Critias, 紀元前460年頃 - 紀元前403年)は、プラトンの母親の従兄で、アテナイの哲学者・政治家である。ソクラテスの弟子にあたり、アテナイの三十人僭主政治(三十人政権)の指導者となった。母親は、弁論家・政治家アンドキデス(Andokides, 紀元前440頃(467?)–390頃)の父レオゴラス(Leogoras, 紀元前5世紀)の母の姉妹である。プラトンや賢者ソロンとの血縁については、クリティアス (プラトンの曾祖父)参照のこと。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 494387 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4106 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 48 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56064896 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • カライスクロスの子クリティアス(希: Κριτίας,英:Critias, 紀元前460年頃 - 紀元前403年)は、プラトンの母親の従兄で、アテナイの哲学者・政治家である。ソクラテスの弟子にあたり、アテナイの三十人僭主政治(三十人政権)の指導者となった。母親は、弁論家・政治家アンドキデス(Andokides, 紀元前440頃(467?)–390頃)の父レオゴラス(Leogoras, 紀元前5世紀)の母の姉妹である。プラトンや賢者ソロンとの血縁については、クリティアス (プラトンの曾祖父)参照のこと。
rdfs:label
  • クリティアス (三十人僭主)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of