Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • クリセン (chrysene) とは、多環芳香族炭化水素 (PAH) の一種で、分子式が C18H12、4個のベンゼン環が辺を共有しながら連なった構造を持つ。コールタールに含まれ、そこから最初に単離、同定された。木材の防腐剤であるクレオソート油にも含まれる。クリセンは石炭や原油、木質を燃焼したり蒸留したりする際にわずかに発生する。色素の原料とされる。他の PAH と同様、発癌性が疑われている。実験動物にがんを発生させることが報告されている。
dbpedia-owl:casNumber
  • 218-01-9
dbpedia-owl:iupacName
  • クリセン(許容慣用名)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1371695 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1078 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 14 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51767766 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:cas登録番号
  • 0218-01-09 (xsd:date)
prop-ja:iupac
  • クリセン(許容慣用名)
prop-ja:name
  • クリセン
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:分子式
  • C18H12
prop-ja:分子量
  • 228.290000 (xsd:double)
prop-ja:密度
  • 1.274000 (xsd:double)
prop-ja:形状
  • 板状結晶
prop-ja:構造式
  • 220 (xsd:integer)
prop-ja:沸点
  • 448 (xsd:integer)
prop-ja:
  • 固体
prop-ja:融点
  • 254 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • クリセン (chrysene) とは、多環芳香族炭化水素 (PAH) の一種で、分子式が C18H12、4個のベンゼン環が辺を共有しながら連なった構造を持つ。コールタールに含まれ、そこから最初に単離、同定された。木材の防腐剤であるクレオソート油にも含まれる。クリセンは石炭や原油、木質を燃焼したり蒸留したりする際にわずかに発生する。色素の原料とされる。他の PAH と同様、発癌性が疑われている。実験動物にがんを発生させることが報告されている。
rdfs:label
  • クリセン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • クリセン
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of