Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • クリス・クニッツ(Christopher Kunitz 1979年9月26日-)はカナダ サスカチュワン州レジャイナ出身のアイスホッケー選手。NHLのピッツバーグ・ペンギンズに所属。ポジションは左ウィンガー。ピッツバーグ・ペンギンズ移籍以前は、アトランタ・スラッシャーズとアナハイム・ダックスでプレーし、2007年にはアナハイム・ダックスでスタンレーカップを手にしている。2009年、2度目のスタンレーカップをピッツバーグ・ペンギンズで手にする。クニッツはサスカチュワン・ジュニアホッケーリーグ(SJHL)のMelville Millionairesで2シーズン過ごした後、1999年から2000年までFerris State Bulldogs(NCAA)に所属した。2003年4月1日にドラフト外でアナハイム・ダックスと契約。ルーキーシーズンはアナハイム・ダックスとそのAHLにおける系列チームであるシンシナティ・マイティダックスで送る事となった。2004年から2005年のNHLロックアウトの影響でクニッツはアトランタ・スラッシャーズと2005年-2006年シーズンの契約をするが、2週間後、ダックスに戻り67試合で19ゴール、22アシスト、41ポイント獲得と活躍し、ポール・カリヤが1994年-1995年シーズンに打ち立てたルーキーシーズン39ポイントの記録を更新する。(記録はダスティン・ペナーが次のシーズンに45ポイント獲得し、破られた。)2006年-2007年シーズンには、クニッツは更に25ゴール、60ポイントの活躍をみせ、アナハイム・ダックスの初のスタンレー・カップを獲得に貢献した。2007年-2008年シーズン、クニッツは副キャプテンに指名される。しかしながら、このシーズンの獲得ポイントは50ポイント、翌2008年-2009年シーズンでは35ポイントと成績が下降線を辿り初め、エリック・タングラディと共にピッツバーグ・ペンギンズに交換トレードに出される(ペンギンズからはライアン・ウィットニーが移籍)。移籍先のピッツバーグ・ペンギンズでは、2009年のデトロイト・レッドウィングスとのスタンレーカップ、プレイオフで1ゴール13アシストを見せるなど、シドニー・クロスビー、エフゲニー・マルキンといったスター選手の中でまずまずの活躍をみせている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2207779 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4773 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 72 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51329888 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:birthDate
  • 1979-09-26 (xsd:date)
prop-ja:birthPlace
  • SKレジャイナ
prop-ja:careerStart
  • 2003 (xsd:integer)
prop-ja:draft
  • 指名なし
prop-ja:formerTeams
prop-ja:heightFt
  • 6 (xsd:integer)
prop-ja:heightIn
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:imageSize
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:league
prop-ja:ntlTeam
  • カナダ
prop-ja:position
  • 左ウィング
prop-ja:shoots
prop-ja:team
prop-ja:weightLb
  • 198 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • クリス・クニッツ(Christopher Kunitz 1979年9月26日-)はカナダ サスカチュワン州レジャイナ出身のアイスホッケー選手。NHLのピッツバーグ・ペンギンズに所属。ポジションは左ウィンガー。ピッツバーグ・ペンギンズ移籍以前は、アトランタ・スラッシャーズとアナハイム・ダックスでプレーし、2007年にはアナハイム・ダックスでスタンレーカップを手にしている。2009年、2度目のスタンレーカップをピッツバーグ・ペンギンズで手にする。クニッツはサスカチュワン・ジュニアホッケーリーグ(SJHL)のMelville Millionairesで2シーズン過ごした後、1999年から2000年までFerris State Bulldogs(NCAA)に所属した。2003年4月1日にドラフト外でアナハイム・ダックスと契約。ルーキーシーズンはアナハイム・ダックスとそのAHLにおける系列チームであるシンシナティ・マイティダックスで送る事となった。2004年から2005年のNHLロックアウトの影響でクニッツはアトランタ・スラッシャーズと2005年-2006年シーズンの契約をするが、2週間後、ダックスに戻り67試合で19ゴール、22アシスト、41ポイント獲得と活躍し、ポール・カリヤが1994年-1995年シーズンに打ち立てたルーキーシーズン39ポイントの記録を更新する。(記録はダスティン・ペナーが次のシーズンに45ポイント獲得し、破られた。)2006年-2007年シーズンには、クニッツは更に25ゴール、60ポイントの活躍をみせ、アナハイム・ダックスの初のスタンレー・カップを獲得に貢献した。2007年-2008年シーズン、クニッツは副キャプテンに指名される。しかしながら、このシーズンの獲得ポイントは50ポイント、翌2008年-2009年シーズンでは35ポイントと成績が下降線を辿り初め、エリック・タングラディと共にピッツバーグ・ペンギンズに交換トレードに出される(ペンギンズからはライアン・ウィットニーが移籍)。移籍先のピッツバーグ・ペンギンズでは、2009年のデトロイト・レッドウィングスとのスタンレーカップ、プレイオフで1ゴール13アシストを見せるなど、シドニー・クロスビー、エフゲニー・マルキンといったスター選手の中でまずまずの活躍をみせている。
rdfs:label
  • クリス・クニッツ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of