Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • クリスティーン・アーロン(Christine Arron、1973年9月13日 - )は、フランスグアドループ・レザビーム出身の陸上競技選手である。2004年アテネオリンピックの女子4×100mリレーリレーのフランスチームのメンバーとして、銅メダルを獲得している。1998年に行われたヨーロッパ陸上選手権では、準決勝で自己ベストとなる10秒81を記録していた。そして迎えた決勝では、追い風2.0m/sという絶好の条件で、中盤からみるみる加速し、先行していたイリーナ・プリワロワ(ロシア)らを振り切って優勝した。タイムは10秒73で、ヨーロッパ新記録であった。その後、アメリカに渡り、モーリス・グリーンなどが所属するHSIに加わっていたが、2001年、その過酷なトレーニングに耐えかね、HSIを辞めた。その翌年、アーロンは第一子をもうけている。2003年、地元パリで開催された世界陸上の4×100mリレーでは、アーロンはアンカーを務めた。決勝では、この大会の100m金メダリストのトーリ・エドワーズがアメリカチームのアンカーで、フランスチームを約3mリードしていたが、アーロンがフィニッシュ直前で逆転し、優勝を果たした。さらに2005年、それまでアーロンは世界的な大会で個人でのメダルを獲得していなかったが、この年の世界陸上において、100mと200mで銅メダルを獲得した。アーロンの100mの記録10秒73は、フローレンス・ジョイナー(10秒49)、マリオン・ジョーンズ(10秒65)に次ぐ世界歴代3位の記録であった。しかし、ジョイナーにはドーピング疑惑があり、ジョーンズはドーピングを認めている。このことから、アーロンの記録が実質的な世界記録と考える人も少なくないようであった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 851772 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3739 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 73 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58454009 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:id
  • 70454 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • Arron Christine
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:フルネーム
  • クリスティーン・アーロン
prop-ja:体重
  • 64.0
prop-ja:氏名
  • クリスティーン・アーロン
prop-ja:生年月日
  • 1973-09-13 (xsd:date)
prop-ja:画像
  • Christine Arron.jpg
prop-ja:画像サイズ
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:種目
prop-ja:自己ベスト
  • 100 (xsd:integer)
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:身長
  • 177.0
dcterms:subject
rdfs:comment
  • クリスティーン・アーロン(Christine Arron、1973年9月13日 - )は、フランスグアドループ・レザビーム出身の陸上競技選手である。2004年アテネオリンピックの女子4×100mリレーリレーのフランスチームのメンバーとして、銅メダルを獲得している。1998年に行われたヨーロッパ陸上選手権では、準決勝で自己ベストとなる10秒81を記録していた。そして迎えた決勝では、追い風2.0m/sという絶好の条件で、中盤からみるみる加速し、先行していたイリーナ・プリワロワ(ロシア)らを振り切って優勝した。タイムは10秒73で、ヨーロッパ新記録であった。その後、アメリカに渡り、モーリス・グリーンなどが所属するHSIに加わっていたが、2001年、その過酷なトレーニングに耐えかね、HSIを辞めた。その翌年、アーロンは第一子をもうけている。2003年、地元パリで開催された世界陸上の4×100mリレーでは、アーロンはアンカーを務めた。決勝では、この大会の100m金メダリストのトーリ・エドワーズがアメリカチームのアンカーで、フランスチームを約3mリードしていたが、アーロンがフィニッシュ直前で逆転し、優勝を果たした。さらに2005年、それまでアーロンは世界的な大会で個人でのメダルを獲得していなかったが、この年の世界陸上において、100mと200mで銅メダルを獲得した。アーロンの100mの記録10秒73は、フローレンス・ジョイナー(10秒49)、マリオン・ジョーンズ(10秒65)に次ぐ世界歴代3位の記録であった。しかし、ジョイナーにはドーピング疑惑があり、ジョーンズはドーピングを認めている。このことから、アーロンの記録が実質的な世界記録と考える人も少なくないようであった。
rdfs:label
  • クリスティーン・アーロン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of