Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • クリスチャン・クローグ(Christian Krohg, 1852年8月13日 - 1925年10月16日)は、ノルウェー出身の画家・著述家・ジャーナリスト。クローグはドイツで教育を受け、1881年から1882年までパリで活動した。その間リアリズムの影響を受け、人々の生活-特に社会的な地位の低い人々や社会の暗部を描くようになる。クローグは特に売春婦たちを描いた作品で知られている。また、1886年には売春婦をテーマにした小説"Albertine"を出版。この小説はその題材からスキャンダルとなり、警察に没収されてしまう。彼の力強く率直なスタイルは、ロマン主義から写実主義への転換に多くの影響を与えた。エドヴァルド・ムンクもクローグに師事していた時期がある。クローグはまたジャーナリストでもあり、1890年から1910年までオスロの新聞"Verdens Gang"に記事を書いていた。
dbpedia-owl:deathDate
  • 1925-10-16 (xsd:date)
dbpedia-owl:field
dbpedia-owl:movement
dbpedia-owl:nationality
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 593556 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1970 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 27 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50475412 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:birthdate
  • --08-13
prop-ja:deathdate
  • 1925-10-16 (xsd:date)
prop-ja:deathplace
  • クリスチャニア(現オスロ)
prop-ja:field
prop-ja:imagesize
  • 220 (xsd:integer)
prop-ja:location
  • Vestre Aker(現オスロ市内)
prop-ja:movement
prop-ja:name
  • クリスチャン・クローグ
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • クリスチャン・クローグ(Christian Krohg, 1852年8月13日 - 1925年10月16日)は、ノルウェー出身の画家・著述家・ジャーナリスト。クローグはドイツで教育を受け、1881年から1882年までパリで活動した。その間リアリズムの影響を受け、人々の生活-特に社会的な地位の低い人々や社会の暗部を描くようになる。クローグは特に売春婦たちを描いた作品で知られている。また、1886年には売春婦をテーマにした小説"Albertine"を出版。この小説はその題材からスキャンダルとなり、警察に没収されてしまう。彼の力強く率直なスタイルは、ロマン主義から写実主義への転換に多くの影響を与えた。エドヴァルド・ムンクもクローグに師事していた時期がある。クローグはまたジャーナリストでもあり、1890年から1910年までオスロの新聞"Verdens Gang"に記事を書いていた。
rdfs:label
  • クリスチャン・クローグ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • クリスチャン・クローグ
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of