Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • クラーク Y (Clark Y) とは、20世紀中盤に一般用途の航空機に広く利用されていた翼型の一種である。1922年にバージニアス E. クラークによって設計された。翼厚比は11.7%で、翼弦の30%以降の下面が平らになっているのが特徴である。この形状のため、プロペラ角度の測定や翼の製造が容易になった。ロッキード・ベガはクラーク Y を採用した航空機の一つである。クラーク Y は適度な揚抗比と比較的良好な失速特性を兼ね備えており、その性能はこの翼型を採用した飛行機の大部分にとって十分なものだった。しかし、平らな下面は理想的な形状ではないため、翼の製造技術の発達した近年の採用例は少ない。派生型のクラーク YH (Clark YH) は、基本形はクラーク Y と同じだが、翼の後縁を上に反らした形状にすることで正のピッチングモーメントを発生させ、縦方向の安定性を向上させたものである。イギリスのホーカー・ハリケーン戦闘機の他、1930年代から1940年代のソ連機の大部分(第二次世界大戦中に活躍した Yak や MiG-3 を含む)は、このクラーク YH を使用していた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1692402 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1069 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 14 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56434132 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • クラーク Y (Clark Y) とは、20世紀中盤に一般用途の航空機に広く利用されていた翼型の一種である。1922年にバージニアス E. クラークによって設計された。翼厚比は11.7%で、翼弦の30%以降の下面が平らになっているのが特徴である。この形状のため、プロペラ角度の測定や翼の製造が容易になった。ロッキード・ベガはクラーク Y を採用した航空機の一つである。クラーク Y は適度な揚抗比と比較的良好な失速特性を兼ね備えており、その性能はこの翼型を採用した飛行機の大部分にとって十分なものだった。しかし、平らな下面は理想的な形状ではないため、翼の製造技術の発達した近年の採用例は少ない。派生型のクラーク YH (Clark YH) は、基本形はクラーク Y と同じだが、翼の後縁を上に反らした形状にすることで正のピッチングモーメントを発生させ、縦方向の安定性を向上させたものである。イギリスのホーカー・ハリケーン戦闘機の他、1930年代から1940年代のソ連機の大部分(第二次世界大戦中に活躍した Yak や MiG-3 を含む)は、このクラーク YH を使用していた。
rdfs:label
  • クラーク Y
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:翼型 of
is foaf:primaryTopic of