Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • クラレンドン伯爵(Earl of Clarendon)は18世紀イギリスの政治家及び外交官であったトマス・ヴィリアーズによって1776年に創設された爵位。トマスは第2代ジャージー伯爵ウィリアム・ヴィリアーズの次男で初代ジャージー伯爵エドワード・ヴィリアーズの孫である。1661年に初代クラレンドン伯爵エドワード・ハイド(ジェームズ2世の最初の妻アン・ハイドの父)によって既に創設されていたが、その後4代で家が絶えたため、第4代伯ヘンリー・ハイドの孫娘の夫にあたるトマス・ヴィリアーズが伯爵を授爵した。クラレンドン卿に付随する爵位は1756年に創設されたウィルトシャー、ヒンドンのハイド男爵のみである。この爵位はクラレンドン卿の長男により儀礼称号として使用されている。一家の屋敷はハンプシャーのビショップス・ワルサム付近のホリウェル・ハウスである。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 504590 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 11372 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 72 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58766880 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • クラレンドン伯爵(Earl of Clarendon)は18世紀イギリスの政治家及び外交官であったトマス・ヴィリアーズによって1776年に創設された爵位。トマスは第2代ジャージー伯爵ウィリアム・ヴィリアーズの次男で初代ジャージー伯爵エドワード・ヴィリアーズの孫である。1661年に初代クラレンドン伯爵エドワード・ハイド(ジェームズ2世の最初の妻アン・ハイドの父)によって既に創設されていたが、その後4代で家が絶えたため、第4代伯ヘンリー・ハイドの孫娘の夫にあたるトマス・ヴィリアーズが伯爵を授爵した。クラレンドン卿に付随する爵位は1756年に創設されたウィルトシャー、ヒンドンのハイド男爵のみである。この爵位はクラレンドン卿の長男により儀礼称号として使用されている。一家の屋敷はハンプシャーのビショップス・ワルサム付近のホリウェル・ハウスである。
rdfs:label
  • クラレンドン伯爵
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of