Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • クラレンス・ディケーター・ハウ(英: Clarence Decatur Howe、PC、通称はC・D・ハウ、1886年1月15日 - 1960年12月31日)は、カナダ自由党を代表する強力な閣僚である。カナダ首相ウィリアム・ライアン・マッケンジー・キングとルイ・サンローランの内閣で1935年から1957年の22年間を連続して閣僚として務めた。カナダ経済を農業基盤のものから工業基盤のものに変換させた功績者とされている。第二次世界大戦のとき、戦争遂行への関わり方が広範なものだったので、「全事項大臣」という綽名を貰った。アメリカ合衆国マサチューセッツ州に生まれ、若い時にダルハウジー大学で教授となるためにノバスコシア州ハリファックスに移転した。カナダ政府のために技師として働いた後、自分の会社を立ち上げ、裕福な者となった。1935年、当時野党になっていたカナダ自由党党首マッケンジー・キングから誘われてカナダ下院議員候補者となった。その選挙で自由党が大勝し、ハウも議員になった。マッケンジー・キングはハウを閣僚に指名した。その地位に有って、カナダ放送協会やトランス・カナダ航空(現在のエア・カナダ)など多くの新事業設立に関わった。1939年に第二次世界大戦が始まると、カナダの戦争遂行のために重要な役割を演じ、戦時事業にあたらせるために多くの会社重役を採用した。ハウは自分の提案に対して必要な議会における議論には忍耐が無かったので、あまり友人が出来なかった。野党からはその専制者的な行動を非難されることが多かった。自由党政権が20年間を超えたとき、自由党とハウは傲慢と見られるようになっていた。1956年、パイプライン議論について政府が議論打ち切りにしようとしたとき、下院で大いに問題となった。1957年の総選挙で、野党党首のジョン・ディーフェンベーカーからハウの行動と政策が問題とされた。ハウはその選挙区で厳しい挑戦を受けたが、自由党の主要指導者として他所で演説を行うことが期待された。この選挙でハウは落選し、ディーフェンベーカーが首相となり、ほぼ22年間続いた自由党政権が終わった。ハウは民間事業に戻り、多くの会社の役員を引き受けた。ハウは1960年12月に心臓まひで突然死した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3120454 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 33786 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 102 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57568895 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:alternativeNames
  • Howe, C. D.
prop-ja:birthName
  • Clarence Decatur Howe
prop-ja:birthPlace
  • アメリカ合衆国マサチューセッツ州ウォルサム
prop-ja:children
  • ウィリアム・ハウ、ジョン・ハウ、エリザベス・ハウ・ステッドマン、バーバラ・ハウ・スチュワート、メアリー・ハウ・ドッジ
prop-ja:dateOfBirth
  • 15 (xsd:integer)
prop-ja:dateOfDeath
  • 31 (xsd:integer)
prop-ja:deathDate
  • 1960-12-31 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
  • カナダケベック州モントリオール
prop-ja:fullname
  • クラレンス・ディケーター・ハウ
prop-ja:honorificPrefix
  • The Right Honourable
prop-ja:honorificSuffix
prop-ja:name
  • C・D・ハウ
  • Howe, Clarence Decatur
prop-ja:occupation
  • 政治家、技師、実業家
prop-ja:parliament
  • カナダ議会
prop-ja:party
prop-ja:placeOfBirth
  • Waltham, Massachusetts
prop-ja:placeOfDeath
  • Montreal, Quebec
prop-ja:predecessor
  • 新設
prop-ja:riding
  • ポートアーサー選挙区
prop-ja:shortDescription
  • American-born Canadian politician
prop-ja:signature
  • CD Howe Signature.svg
prop-ja:spouse
  • アリス・ウースター(1916年-1960年、未亡人として生存)
prop-ja:successor
  • ダグラス・M・フィッシャー
prop-ja:termEnd
  • 1957 (xsd:integer)
prop-ja:termStart
  • 1935 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • クラレンス・ディケーター・ハウ(英: Clarence Decatur Howe、PC、通称はC・D・ハウ、1886年1月15日 - 1960年12月31日)は、カナダ自由党を代表する強力な閣僚である。カナダ首相ウィリアム・ライアン・マッケンジー・キングとルイ・サンローランの内閣で1935年から1957年の22年間を連続して閣僚として務めた。カナダ経済を農業基盤のものから工業基盤のものに変換させた功績者とされている。第二次世界大戦のとき、戦争遂行への関わり方が広範なものだったので、「全事項大臣」という綽名を貰った。アメリカ合衆国マサチューセッツ州に生まれ、若い時にダルハウジー大学で教授となるためにノバスコシア州ハリファックスに移転した。カナダ政府のために技師として働いた後、自分の会社を立ち上げ、裕福な者となった。1935年、当時野党になっていたカナダ自由党党首マッケンジー・キングから誘われてカナダ下院議員候補者となった。その選挙で自由党が大勝し、ハウも議員になった。マッケンジー・キングはハウを閣僚に指名した。その地位に有って、カナダ放送協会やトランス・カナダ航空(現在のエア・カナダ)など多くの新事業設立に関わった。1939年に第二次世界大戦が始まると、カナダの戦争遂行のために重要な役割を演じ、戦時事業にあたらせるために多くの会社重役を採用した。ハウは自分の提案に対して必要な議会における議論には忍耐が無かったので、あまり友人が出来なかった。野党からはその専制者的な行動を非難されることが多かった。自由党政権が20年間を超えたとき、自由党とハウは傲慢と見られるようになっていた。1956年、パイプライン議論について政府が議論打ち切りにしようとしたとき、下院で大いに問題となった。1957年の総選挙で、野党党首のジョン・ディーフェンベーカーからハウの行動と政策が問題とされた。ハウはその選挙区で厳しい挑戦を受けたが、自由党の主要指導者として他所で演説を行うことが期待された。この選挙でハウは落選し、ディーフェンベーカーが首相となり、ほぼ22年間続いた自由党政権が終わった。ハウは民間事業に戻り、多くの会社の役員を引き受けた。ハウは1960年12月に心臓まひで突然死した。
rdfs:label
  • クラレンス・ハウ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of