Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • クラッシュ・ワージネス(英: crashworthiness)とは正確にはクラッシュワージネス理論と呼ばれる理論、またはそれを応用して作った構造部材のことである。クラッシュワージネス理論は1970年代にイギリスの飛行機技術者であるロイ・ヤッケ技師により提唱された。理論の内容は、自動車や鉄道、飛行機において事故を起こした際の、車体内部の安全性を高めるための構造に関するものであった。簡略的に説明すると、事故を起こしても、車体を構成する金属にバネのような弾性があれば中は安全であるというものである。理論は、1980年代に日本の自動車会社が、初めて自社の自動車構造に採用した。飛行機、鉄道においては1990年代に採用がはじまった。今日においても、この理論を応用した構造が多くの自動車、鉄道、飛行機で用いられている。航空機製造メーカであるイギリスのモイル・サージは特にクラッシュワージネスを、多く採用していることで有名である。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1561512 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1881 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 9 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47786999 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • クラッシュ・ワージネス(英: crashworthiness)とは正確にはクラッシュワージネス理論と呼ばれる理論、またはそれを応用して作った構造部材のことである。クラッシュワージネス理論は1970年代にイギリスの飛行機技術者であるロイ・ヤッケ技師により提唱された。理論の内容は、自動車や鉄道、飛行機において事故を起こした際の、車体内部の安全性を高めるための構造に関するものであった。簡略的に説明すると、事故を起こしても、車体を構成する金属にバネのような弾性があれば中は安全であるというものである。理論は、1980年代に日本の自動車会社が、初めて自社の自動車構造に採用した。飛行機、鉄道においては1990年代に採用がはじまった。今日においても、この理論を応用した構造が多くの自動車、鉄道、飛行機で用いられている。航空機製造メーカであるイギリスのモイル・サージは特にクラッシュワージネスを、多く採用していることで有名である。
rdfs:label
  • クラッシュワージネス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of