Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • クラゲ刺傷(クラゲししょう)とは、クラゲによる受傷を指す。クラゲの触手は毒針を射出する刺胞を有し捕食や自己防衛に用いており、人間の皮膚は接触すると発赤し腫れて痛む。カツオノエボシ、アンドンクラゲ、アカクラゲなどで被害が多く、その他無害と言われるクラゲであっても弱いが刺胞による刺激は同じで、複数回受傷後にアナフィラキシーショックを呈するおそれから、いずれにせよ素手でクラゲに触れるべきではない。日本各地の沿岸で被害が多いのは、アンドンクラゲとカツオノエボシで、沖縄ではハブクラゲによる被害が多い。幼児の死亡例も報告されている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 831864 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 873 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 20 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58839244 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • クラゲ刺傷(クラゲししょう)とは、クラゲによる受傷を指す。クラゲの触手は毒針を射出する刺胞を有し捕食や自己防衛に用いており、人間の皮膚は接触すると発赤し腫れて痛む。カツオノエボシ、アンドンクラゲ、アカクラゲなどで被害が多く、その他無害と言われるクラゲであっても弱いが刺胞による刺激は同じで、複数回受傷後にアナフィラキシーショックを呈するおそれから、いずれにせよ素手でクラゲに触れるべきではない。日本各地の沿岸で被害が多いのは、アンドンクラゲとカツオノエボシで、沖縄ではハブクラゲによる被害が多い。幼児の死亡例も報告されている。
rdfs:label
  • クラゲ刺傷
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of