Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フビライ(モンゴル語:20px Qubilai, Khubilai、1215年9月23日 - 1294年2月18日)は、モンゴル帝国の第5代皇帝(大ハーン)。同時代のパスパ文字モンゴル語およびモンゴル文字などの中期モンゴル語のラテン文字転写では Qubilai Qa'an、Qubilai Qaγan。現代モンゴル語のキリル文字転写ではХубилай хаан。漢字表記は忽必烈。『集史』をはじめとするモンゴル帝国時代のペルシア語表記(『集史』「クビライ・カアン紀」など)では قوبيلاى قاآن Qūbīlāī qā'ān など書かれる。大元ウルス時代に書かれたパスパ文字モンゴル語での表記や上述のペルシア語文献といった同時代における多言語資料の表記などによって、当時の発音により近い形への仮名転写として、クビライ・カアン(カーン)という表記がされる。一方、現代モンゴル語では Хубилай хаан (Khubilai khaan) と書かれ、また近現代のモンゴル文字文献の表記や発音に基づいてフビライ・ハーンと表記することも非常に多い。その即位にあたる内紛からモンゴル帝国は皇帝であるカアン (Qa'an) を頂点とする緩やかな連合体となり解体が進んだ。これに対してクビライは、はじめて国号を「大元」と定め、帝国の中心を中国の華北に移動させるなど様々な改革を打ち出した。クビライの代以降、カアンの直接支配領域はモンゴル帝国のうち中国を中心に東アジアを支配する大元ウルス(大元大蒙古国)に変貌した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 54384 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 13310 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 272 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59132701 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:人名
  • オドゲレル バタエルデネ
prop-ja:代数
  • 初代
prop-ja:兄弟
prop-ja:出生日
  • --09-23
prop-ja:別号
  • 薛禪皇帝 (Sečen Qa'an、セチェン・カアン、尊号)
prop-ja:
  • 世祖 奇渥温忽必烈
prop-ja:君主号
  • モンゴル帝国第5代皇帝(大ハーン)
prop-ja:呼称
  • 皇帝
prop-ja:在位
  • --05-05
prop-ja:在位期間
  • 1271 (xsd:integer)
prop-ja:埋葬地
  • 起輦谷(モンゴル高原)
prop-ja:子女
prop-ja:年号
prop-ja:廟号
  • 世祖
prop-ja:戴冠日
  • --05-05
prop-ja:死亡日
  • --01-22
prop-ja:母親
prop-ja:没地
prop-ja:父親
prop-ja:王家
prop-ja:王朝
prop-ja:画像
  • YuanEmperorAlbumKhubilaiPortrait.jpg
prop-ja:画像サイズ
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • クビライ・カアン肖像画(国立故宮博物院所蔵)
prop-ja:諡号
  • 聖徳神功文武皇帝
prop-ja:都城
prop-ja:配偶者
dcterms:subject
rdfs:comment
  • フビライ(モンゴル語:20px Qubilai, Khubilai、1215年9月23日 - 1294年2月18日)は、モンゴル帝国の第5代皇帝(大ハーン)。同時代のパスパ文字モンゴル語およびモンゴル文字などの中期モンゴル語のラテン文字転写では Qubilai Qa'an、Qubilai Qaγan。現代モンゴル語のキリル文字転写ではХубилай хаан。漢字表記は忽必烈。『集史』をはじめとするモンゴル帝国時代のペルシア語表記(『集史』「クビライ・カアン紀」など)では قوبيلاى قاآن Qūbīlāī qā'ān など書かれる。大元ウルス時代に書かれたパスパ文字モンゴル語での表記や上述のペルシア語文献といった同時代における多言語資料の表記などによって、当時の発音により近い形への仮名転写として、クビライ・カアン(カーン)という表記がされる。一方、現代モンゴル語では Хубилай хаан (Khubilai khaan) と書かれ、また近現代のモンゴル文字文献の表記や発音に基づいてフビライ・ハーンと表記することも非常に多い。その即位にあたる内紛からモンゴル帝国は皇帝であるカアン (Qa'an) を頂点とする緩やかな連合体となり解体が進んだ。これに対してクビライは、はじめて国号を「大元」と定め、帝国の中心を中国の華北に移動させるなど様々な改革を打ち出した。クビライの代以降、カアンの直接支配領域はモンゴル帝国のうち中国を中心に東アジアを支配する大元ウルス(大元大蒙古国)に変貌した。
rdfs:label
  • クビライ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:opponents of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:commander of
is prop-ja:元首等氏名 of
is prop-ja:兄弟 of
is prop-ja:子女 of
is prop-ja:配偶者 of
is foaf:primaryTopic of