Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • クトゥブッディーン・アイバク(قطب الدين أيبك (Quṭb al-Dīn Aybak) ? - 1210年)は、ムガル帝国のインド侵入以前にデリーを中心に北インドを支配したデリー・スルタン諸王朝最初のスルタン(在位1206年6月27日 - 1210年)。マムルーク(奴隷軍人)としてゴール朝のシハーブッディーン・ムハンマド(ムハンマド・ゴーリー)に仕え、元奴隷身分ながら新王朝を開いた。後継者(娘婿)のイルトゥトゥミシュもまた解放奴隷であったことから、アイバクの開いたデリー・スルタン朝最初の王朝は奴隷王朝と呼ばれる。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 108381 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3242 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 70 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56058778 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:人名
  • クトゥブッディーン・アイバク
prop-ja:出生日
  • 不明
prop-ja:君主号
prop-ja:在位
  • --06-27
prop-ja:埋葬地
  • ラホールのアナールカリーバザール(墓所は1970年代に修復された)
prop-ja:子女
prop-ja:死亡日
  • 1210 (xsd:integer)
prop-ja:父親
  • 不明
prop-ja:王家
  • アイバク家
prop-ja:王朝
prop-ja:生地
prop-ja:配偶者
  • 氏名不詳(タジェッディーン・ヤルドーズの娘)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • クトゥブッディーン・アイバク(قطب الدين أيبك (Quṭb al-Dīn Aybak) ? - 1210年)は、ムガル帝国のインド侵入以前にデリーを中心に北インドを支配したデリー・スルタン諸王朝最初のスルタン(在位1206年6月27日 - 1210年)。マムルーク(奴隷軍人)としてゴール朝のシハーブッディーン・ムハンマド(ムハンマド・ゴーリー)に仕え、元奴隷身分ながら新王朝を開いた。後継者(娘婿)のイルトゥトゥミシュもまた解放奴隷であったことから、アイバクの開いたデリー・スルタン朝最初の王朝は奴隷王朝と呼ばれる。
rdfs:label
  • クトゥブッディーン・アイバク
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:元首等氏名 of
is prop-ja:父親 of
is foaf:primaryTopic of