Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • クタイシ(グルジア語でქუთაისი, Kutaisi)は、グルジア西部の中心都市。リオニ川の河畔に広がる。人口は約186,000人(2002年)。旧ソビエト連邦時代には、グルジア第2の工業都市として自動車工場などが有名であった。首都トビリシから221km。国会の所在地。古代ギリシアの『アルゴナウタイ』物語で知られるコルキス王国(あるいはコルヒダ王国、紀元前6世紀-紀元前2世紀)の首都であった。975年から1122年までグルジア王国の首都。また、15世紀以降はイメレティ王国(1260年–1810年)の首都でもあった。1810年にロシア帝国に併合された。町を見下ろす丘に立つバグラティ大聖堂(11世紀に完成)や、近郊のゲラティ修道院が有名。この2つはユネスコの世界遺産に登録されている。1840年に開設されたクタイシのギムナジウムは、言語学者ニコライ・マルや心理学者ディミトリ・ウズナゼ、詩人ウラジーミル・マヤコフスキー、グリゴル・ロバキゼ、政治家ニノ・ブルジャナゼらを輩出している。グルジアにおけるアヴァンギャルド運動の中核を担ったグループ「青い角」が1916年に結成され、30年代まで活動を続けていた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 191910 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1895 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 46 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57317556 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:areaCode
  • 331 (xsd:integer)
prop-ja:areaTotalKm
  • 70 (xsd:integer)
prop-ja:flagSize
  • 120 (xsd:integer)
prop-ja:imageFlag
  • Flag of Kutaisi, Georgia.svg
prop-ja:imageShield
  • COA_of_Kutaisi.svg
prop-ja:imageSkyline
  • Catholic Church in Kutaisi.jpg
prop-ja:imagesize
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:latd
  • 42 (xsd:integer)
prop-ja:latm
  • 15 (xsd:integer)
prop-ja:latns
  • N
prop-ja:lats
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:leaderName
  • Nugzar Shamugia
prop-ja:leaderTitle
  • 市長
prop-ja:longd
  • 42 (xsd:integer)
prop-ja:longew
  • E
prop-ja:longm
  • 42 (xsd:integer)
prop-ja:longs
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • クタイシ
prop-ja:nativeName
  • Kutaisi
prop-ja:populationAsOf
  • 2009 (xsd:integer)
prop-ja:populationDensityKm
  • 2834 (xsd:integer)
prop-ja:populationTotal
  • 198403 (xsd:integer)
prop-ja:postalCode
  • 4600 (xsd:integer)
prop-ja:postalCodeType
  • 郵便番号
prop-ja:pushpinMap
  • Georgia
prop-ja:pushpinMapCaption
  • グルジア内の位置
prop-ja:pushpinMapsize
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:subdivisionName
prop-ja:subdivisionType
prop-ja:website
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • クタイシ(グルジア語でქუთაისი, Kutaisi)は、グルジア西部の中心都市。リオニ川の河畔に広がる。人口は約186,000人(2002年)。旧ソビエト連邦時代には、グルジア第2の工業都市として自動車工場などが有名であった。首都トビリシから221km。国会の所在地。古代ギリシアの『アルゴナウタイ』物語で知られるコルキス王国(あるいはコルヒダ王国、紀元前6世紀-紀元前2世紀)の首都であった。975年から1122年までグルジア王国の首都。また、15世紀以降はイメレティ王国(1260年–1810年)の首都でもあった。1810年にロシア帝国に併合された。町を見下ろす丘に立つバグラティ大聖堂(11世紀に完成)や、近郊のゲラティ修道院が有名。この2つはユネスコの世界遺産に登録されている。1840年に開設されたクタイシのギムナジウムは、言語学者ニコライ・マルや心理学者ディミトリ・ウズナゼ、詩人ウラジーミル・マヤコフスキー、グリゴル・ロバキゼ、政治家ニノ・ブルジャナゼらを輩出している。グルジアにおけるアヴァンギャルド運動の中核を担ったグループ「青い角」が1916年に結成され、30年代まで活動を続けていた。
rdfs:label
  • クタイシ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:birthPlace of
is dbpedia-owl:location of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:出生地 of
is prop-ja:生地 of
is prop-ja:設置場所 of
is foaf:primaryTopic of