Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • クークー(Kuku、ペルシア語:کوکو)は、鶏卵を使ったイラン料理およびアフガニスタンの卵料理である。形状はイタリアのフリッタータに似た、具をたっぷり入れたオープンフェースのオムレツである。様々な具材を入れた多種類のククが作られるが、中でもワケギ、パセリ、チャイブ、コリアンダー、イノンド、ホウレンソウ、レタス、フェヌグリーク等の数種類のハーブや葉野菜を入れ、深い緑色になったクークーイェ・サブジー(کوکو سبزی / kuku-ye sabzi)が最も人気がある。ギーラーン州では、ジャガイモの入ったクークーイェ・シブ・ザミーニー(کوکو سیب زمینی / kuku-ye sibzamini)に人気がある。典型的なクークーイェ・サブジーの調理では、卵と刻んだハーブを混ぜ、塩、黒胡椒とターメリックかアドヴィーエと呼ばれるミックススパイスで味付けする。これを油をひいて熱したフライパンに流し、低温で固まるまで焼き、上下をひっくり返して両面を焼くか、最後にオーブンに入れて上面を焼く。卵と混ぜる前に、ハーブを短時間ソテーする場合もある。使用されるハーブの量は、通常、卵の量よりもかなり多く、ハーブの味が強い。付け合せとしてはクルミとゼレシュク(セイヨウメギの実)が好まれ、ナン、チェロウ、ヨーグルト、ピクルス等が添えられることもある。温かい状態でも冷やしても食べられる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2060728 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1933 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 58 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51731751 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • クークー(Kuku、ペルシア語:کوکو)は、鶏卵を使ったイラン料理およびアフガニスタンの卵料理である。形状はイタリアのフリッタータに似た、具をたっぷり入れたオープンフェースのオムレツである。様々な具材を入れた多種類のククが作られるが、中でもワケギ、パセリ、チャイブ、コリアンダー、イノンド、ホウレンソウ、レタス、フェヌグリーク等の数種類のハーブや葉野菜を入れ、深い緑色になったクークーイェ・サブジー(کوکو سبزی / kuku-ye sabzi)が最も人気がある。ギーラーン州では、ジャガイモの入ったクークーイェ・シブ・ザミーニー(کوکو سیب زمینی / kuku-ye sibzamini)に人気がある。典型的なクークーイェ・サブジーの調理では、卵と刻んだハーブを混ぜ、塩、黒胡椒とターメリックかアドヴィーエと呼ばれるミックススパイスで味付けする。これを油をひいて熱したフライパンに流し、低温で固まるまで焼き、上下をひっくり返して両面を焼くか、最後にオーブンに入れて上面を焼く。卵と混ぜる前に、ハーブを短時間ソテーする場合もある。使用されるハーブの量は、通常、卵の量よりもかなり多く、ハーブの味が強い。付け合せとしてはクルミとゼレシュク(セイヨウメギの実)が好まれ、ナン、チェロウ、ヨーグルト、ピクルス等が添えられることもある。温かい状態でも冷やしても食べられる。
rdfs:label
  • クク
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of