Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • クェルセチン(またはクエルセチン、ケルセチン、英: quercetin)は、フラボノイドの一種で、配糖体(ルチン、クエルシトリンなど)または遊離した形で柑橘類、タマネギやソバをはじめ多くの植物に含まれる。黄色い色素で、古くから染料としても用いられてきた。分子式は C15H10O7、分子量 302.24、CAS登録番号は [117-39-5]。化合物名は1857年から使用されており、ラテン語で「オークの森」を意味するquercetum(ラテン語でオークはQuercus - コナラ属)に由来する。クェルセチンは天然に存在するオーキシン極性移動阻害剤である。
dbpedia-owl:imageSize
  • 220 (xsd:integer)
dbpedia-owl:iupacName
  • 2-(3,4-ジヒドロキシフェニル)- 3,5,7-トリヒドロキシ-4H-クロメン-4-オン
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 411859 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7156 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 64 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 46965533 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:imagefile
  • Quercetin.svg
prop-ja:imagename
  • Quercetin
prop-ja:imagesize
  • 220 (xsd:integer)
prop-ja:iupacname
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • クェルセチン
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:別称
  • キサントアウリン
  • クエルセトール
  • シアニデノロン1522
  • ソホレシン
  • メレチン
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • クェルセチン(またはクエルセチン、ケルセチン、英: quercetin)は、フラボノイドの一種で、配糖体(ルチン、クエルシトリンなど)または遊離した形で柑橘類、タマネギやソバをはじめ多くの植物に含まれる。黄色い色素で、古くから染料としても用いられてきた。分子式は C15H10O7、分子量 302.24、CAS登録番号は [117-39-5]。化合物名は1857年から使用されており、ラテン語で「オークの森」を意味するquercetum(ラテン語でオークはQuercus - コナラ属)に由来する。クェルセチンは天然に存在するオーキシン極性移動阻害剤である。
rdfs:label
  • クェルセチン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • キサントアウリン
  • クェルセチン
  • クエルセトール
  • シアニデノロン1522
  • ソホレシン
  • メレチン
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of