Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『クイズハッピーチャンス』は1978年ごろ-1979年にテレビ神奈川製作で、独立UHF各局などで放送された、政府広報(日本広報センター<JIC>協力・監修)を兼ねたクイズ形式の番組である。番組は視聴者参加型番組で、毎回男女4人ずつの回答者が、それぞれ性別ごとに分かれてクイズに回答する。4問正解した回答者はそれぞれ異なる性別の回答者を1人選び、男女カップルを成立させて、その上でチャレンジクイズに挑戦する。そこで正解するとそのカップルにグァム島などの海外旅行招待権利が与えられるというものだった。司会進行は当初は岡田真澄・エバのコンビ、後期は大石吾朗が担当。なおTVKが制作する政府広報番組はこの後「クイズバトンタッチ」から、「明日への選択」→「コンパスU」→「アクセスNOW」→「ニッポン早わかり」→「Just Japanシリーズ」と2010年3月まで四半世紀以上にわたって続くが、クイズ形式は当番組と「クイズバトンタッチ」の2つだけで、残りはトークやルポルタージュ形式のものだった。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3099061 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 871 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 23 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58088279 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:放送枠
  • tvk土曜22時前半枠(政府広報番組)
prop-ja:次番組
prop-ja:番組名
  • クイズハッピーチャンス
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『クイズハッピーチャンス』は1978年ごろ-1979年にテレビ神奈川製作で、独立UHF各局などで放送された、政府広報(日本広報センター<JIC>協力・監修)を兼ねたクイズ形式の番組である。番組は視聴者参加型番組で、毎回男女4人ずつの回答者が、それぞれ性別ごとに分かれてクイズに回答する。4問正解した回答者はそれぞれ異なる性別の回答者を1人選び、男女カップルを成立させて、その上でチャレンジクイズに挑戦する。そこで正解するとそのカップルにグァム島などの海外旅行招待権利が与えられるというものだった。司会進行は当初は岡田真澄・エバのコンビ、後期は大石吾朗が担当。なおTVKが制作する政府広報番組はこの後「クイズバトンタッチ」から、「明日への選択」→「コンパスU」→「アクセスNOW」→「ニッポン早わかり」→「Just Japanシリーズ」と2010年3月まで四半世紀以上にわたって続くが、クイズ形式は当番組と「クイズバトンタッチ」の2つだけで、残りはトークやルポルタージュ形式のものだった。
rdfs:label
  • クイズハッピーチャンス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:前番組 of
is foaf:primaryTopic of