Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • クィントゥス・ペティリウス・ケリアリス・カエシウス・ルフス(Quintus Petilius Cerialis Caesius Rufus, 30年頃 - 没年不詳)は、ローマ帝国フラウィウス朝期の執政官。その名前から古代ローマでは一般的だった養子縁組でカエシウス家からペティリウス氏族に入ったと推測される。兄はカエシウス・ナシカ(en)、妻・フラウィアはウェスパシアヌスの姉に当る。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 961575 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1684 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 28 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56807540 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • クィントゥス・ペティリウス・ケリアリス・カエシウス・ルフス(Quintus Petilius Cerialis Caesius Rufus, 30年頃 - 没年不詳)は、ローマ帝国フラウィウス朝期の執政官。その名前から古代ローマでは一般的だった養子縁組でカエシウス家からペティリウス氏族に入ったと推測される。兄はカエシウス・ナシカ(en)、妻・フラウィアはウェスパシアヌスの姉に当る。
rdfs:label
  • クィントゥス・ペティリウス・ケリアリス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of