Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • クィントゥス・カエキリウス・メテッルス・マケドニクス(ラテン語: Quintus Caecilius Metellus Macedonicus、紀元前210年頃 -- 紀元前116年または115年)は、共和政ローマの政治家、軍人である。紀元前143年にはアッピウス・クラウディウス・プルケルと共にコンスルを務めた。第三次マケドニア戦争に参戦し、また第四次マケドニア戦争では総司令官として活躍した。結果、マケドニアはローマの属州となり、その功により「マケドニクス」の尊称を得た。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2007380 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2669 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 58 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57656638 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • クィントゥス・カエキリウス・メテッルス・マケドニクス(ラテン語: Quintus Caecilius Metellus Macedonicus、紀元前210年頃 -- 紀元前116年または115年)は、共和政ローマの政治家、軍人である。紀元前143年にはアッピウス・クラウディウス・プルケルと共にコンスルを務めた。第三次マケドニア戦争に参戦し、また第四次マケドニア戦争では総司令官として活躍した。結果、マケドニアはローマの属州となり、その功により「マケドニクス」の尊称を得た。
rdfs:label
  • クィントゥス・カエキリウス・メテッルス・マケドニクス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:opponents of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:commander of
is foaf:primaryTopic of