Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • クィンタ・エッセンチア(羅: quinta essentia)は、第五精髄とも呼ばれる。月下界の四元素(火・空気・水・土)のほかに天界の元素として想定された第五元素(アイテール、エーテル)が、月下の自然物の深奥に閉じ込められたものと考えられた。中世ヨーロッパのキミアの伝統で14世紀以降に発展した概念である。生命の秘密を握ると考えられ、これをもとに普遍医薬が得られるかもしれないと信じられた。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3203676 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2252 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 32 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56284639 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • クィンタ・エッセンチア(羅: quinta essentia)は、第五精髄とも呼ばれる。月下界の四元素(火・空気・水・土)のほかに天界の元素として想定された第五元素(アイテール、エーテル)が、月下の自然物の深奥に閉じ込められたものと考えられた。中世ヨーロッパのキミアの伝統で14世紀以降に発展した概念である。生命の秘密を握ると考えられ、これをもとに普遍医薬が得られるかもしれないと信じられた。
rdfs:label
  • クィンタ・エッセンチア
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of