Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ギーゼラ・ルイーゼ・マリー・フォン・エスターライヒ(Gisela Louise Marie von Österreich, 1856年7月12日 – 1932年7月27日)はオーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世と皇后エリーザベトの第2皇女。ルドルフ皇太子とマリー・ヴァレリーの姉。ウィーン近郊のラクセンブルクで生まれる。妊娠中の母エリザベートは、「今度こそ皇太子を」とのプレッシャーに襲われた。生後10ヶ月の時に両親と姉ゾフィー皇女とともにブダペストへ移る。その際、発熱や下痢はあったが、無事ウィーンへ戻った。幼少期は祖母ゾフィーに弟と共に育てられたため、母エリーザベトにはなつかなかった。1873年にバイエルンの摂政王子ルイトポルトの次男で、後のバイエルン王ルートヴィヒ3世の弟であるレオポルト王子と16歳で結婚した。この時、母エリーザベトは「16歳で結婚は早すぎる」と夫フランツ・ヨーゼフ1世に母として親心を見せたりもした。夫レオポルトとの夫婦仲は良好で、1874年に長女エリーザベト、1875年に次女アウグステ、1880年に長男ゲオルク、1883年に次男コンラートと2男2女をもうけた。母エリーザベトの死後、遺産の5分の2を相続した。1932年にミュンヘンで死去し、聖ミヒャエル教会で夫レオポルトの傍らに葬られた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1036224 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1422 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 32 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57128293 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ギーゼラ・ルイーゼ・マリー・フォン・エスターライヒ(Gisela Louise Marie von Österreich, 1856年7月12日 – 1932年7月27日)はオーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世と皇后エリーザベトの第2皇女。ルドルフ皇太子とマリー・ヴァレリーの姉。ウィーン近郊のラクセンブルクで生まれる。妊娠中の母エリザベートは、「今度こそ皇太子を」とのプレッシャーに襲われた。生後10ヶ月の時に両親と姉ゾフィー皇女とともにブダペストへ移る。その際、発熱や下痢はあったが、無事ウィーンへ戻った。幼少期は祖母ゾフィーに弟と共に育てられたため、母エリーザベトにはなつかなかった。1873年にバイエルンの摂政王子ルイトポルトの次男で、後のバイエルン王ルートヴィヒ3世の弟であるレオポルト王子と16歳で結婚した。この時、母エリーザベトは「16歳で結婚は早すぎる」と夫フランツ・ヨーゼフ1世に母として親心を見せたりもした。夫レオポルトとの夫婦仲は良好で、1874年に長女エリーザベト、1875年に次女アウグステ、1880年に長男ゲオルク、1883年に次男コンラートと2男2女をもうけた。母エリーザベトの死後、遺産の5分の2を相続した。1932年にミュンヘンで死去し、聖ミヒャエル教会で夫レオポルトの傍らに葬られた。
rdfs:label
  • ギーゼラ・フォン・エスターライヒ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of