Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ギリシャ共和国Ἑλληνικὴ Δημοκρατία国の標語: Ελευθερία ή θάνατος (ギリシャ語: 自由か死か)ギリシャ共和国の位置第二共和政成立時のギリシャギリシャ第二共和政(希: Β΄ Ἑλληνικὴ Δημοκρατία)とは1924年から1935年までのギリシャ政治体制を表現したものである。それはグリュックスブルク家出身の王による王制が中断した時期を指しており、軍事クーデタによって打倒され君主制が復活するまで続いた。ギリシャ第一共和政と考えられているギリシャ独立戦争の際設立された臨時政府と共に、王によって統治されなかったギリシャにおける第二の期間である。ギリシャとトルコの間で行われた希土戦争はギリシャの敗北に終わり、その責任が王国政府にあるものとされた後の1924年3月25日、第二共和制の樹立が宣言された。その統治期間は短く、不安定であった。さらにギリシャ国内は第一次世界大戦の参戦を巡ってエレフテリオス・ヴェニゼロスとコンスタンティノス1世の間で発生した対立をこの時点でも民主主義者であるヴェニゼロス支持者であるヴェニゼリスト(Venizelist)らで形成された自由党と人民党を代表する王党派の間で引きずっており、王党派は第二共和制を認めることでさえも拒否していた。この分裂は建築様式へのギリシャ語の使用に関する違いのように、文化面や社会問題にまで発展した。この2極化はいくつかのクーデターとクーデター未遂に終わった政治への軍の不安定な参加がさらに促進を促すこととなった。経済はこれまでの10年間行われた戦争で荒廃しており、1923年、希土戦争の結果、トルコとの間で行われた住民交換により、トルコから移住してきたギリシャ人難民150万のサポートを行うことができなかった。1928-1932年のエレフテリオス・ヴェニゼロス率いる改革派政府の努力にも関わらず、大恐慌はギリシャの経済に壊滅的打撃を与えた。1933年、選挙における人民党の勝利と2回に及ぶヴェニゼリストらによるクーデターの失敗は、元国王ゲオルギオス2世復位の道を開くこととなった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1897275 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 11917 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 101 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58954729 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:亡国時期
  • 1935 (xsd:integer)
prop-ja:位置画像
  • Greece-1923.png
prop-ja:位置画像説明
  • 第二共和政成立時のギリシャ
prop-ja:元首等年代始
  • --03-15
  • --03-25
  • --08-24
  • --12-09
prop-ja:元首等年代終
  • --03-15
  • --08-24
  • --10-10
  • --12-09
prop-ja:元首等氏名
prop-ja:元首等肩書
  • 大統領
prop-ja:先代
  • ギリシャ王国
prop-ja:先旗
  • Flag of Greece .svg
prop-ja:公用語
prop-ja:国旗画像
  • Flag of Greece .svg
prop-ja:変遷
  • --03-25
  • --08-04
prop-ja:変遷年月日
prop-ja:建国時期
  • 1924 (xsd:integer)
prop-ja:日本語国名
  • ギリシャ共和国
prop-ja:標語
  • ''
  • (ギリシャ語: 自由か死か)
prop-ja:次代
  • ギリシャ王国
prop-ja:次旗
  • Flag of Greece .svg
prop-ja:略名
  • ギリシャ共和国
prop-ja:首相等年代始
  • --03-10
  • --07-04
  • --10-07
  • --11-03
prop-ja:首相等年代終
  • --01-16
  • --05-26
  • --06-26
  • --10-10
prop-ja:首相等氏名
prop-ja:首相等肩書
  • 首相(抜粋)
prop-ja:首都
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ギリシャ共和国Ἑλληνικὴ Δημοκρατία国の標語: Ελευθερία ή θάνατος (ギリシャ語: 自由か死か)ギリシャ共和国の位置第二共和政成立時のギリシャギリシャ第二共和政(希: Β΄ Ἑλληνικὴ Δημοκρατία)とは1924年から1935年までのギリシャ政治体制を表現したものである。それはグリュックスブルク家出身の王による王制が中断した時期を指しており、軍事クーデタによって打倒され君主制が復活するまで続いた。ギリシャ第一共和政と考えられているギリシャ独立戦争の際設立された臨時政府と共に、王によって統治されなかったギリシャにおける第二の期間である。ギリシャとトルコの間で行われた希土戦争はギリシャの敗北に終わり、その責任が王国政府にあるものとされた後の1924年3月25日、第二共和制の樹立が宣言された。その統治期間は短く、不安定であった。さらにギリシャ国内は第一次世界大戦の参戦を巡ってエレフテリオス・ヴェニゼロスとコンスタンティノス1世の間で発生した対立をこの時点でも民主主義者であるヴェニゼロス支持者であるヴェニゼリスト(Venizelist)らで形成された自由党と人民党を代表する王党派の間で引きずっており、王党派は第二共和制を認めることでさえも拒否していた。この分裂は建築様式へのギリシャ語の使用に関する違いのように、文化面や社会問題にまで発展した。この2極化はいくつかのクーデターとクーデター未遂に終わった政治への軍の不安定な参加がさらに促進を促すこととなった。経済はこれまでの10年間行われた戦争で荒廃しており、1923年、希土戦争の結果、トルコとの間で行われた住民交換により、トルコから移住してきたギリシャ人難民150万のサポートを行うことができなかった。1928-1932年のエレフテリオス・ヴェニゼロス率いる改革派政府の努力にも関わらず、大恐慌はギリシャの経済に壊滅的打撃を与えた。1933年、選挙における人民党の勝利と2回に及ぶヴェニゼリストらによるクーデターの失敗は、元国王ゲオルギオス2世復位の道を開くこととなった。
rdfs:label
  • ギリシャ第二共和政
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:変遷 of
is foaf:primaryTopic of