Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ギョクテュルク-2(トルコ語: Göktürk-2)はトルコの地球観測衛星。科学技術研究会議によって設計開発され、宇宙技術研究機構とトルコ航空宇宙会社によってトルコ国防省のために製造されたギョクテュルク-2は酒泉衛星発射センター第4発射点から長征2号Dで2012年12月18日の16時12分52秒(UTC)に天候により予定より1日繰り上げて打ち上げられた。トルコが開発した先進的な最先端の装備や高解像度の画像を供給する新しい改良型装置が装備されており、16時26分(UTC)には686kmの低軌道に乗せられた。最初の信号は17時39分(UTC)にノルウェーのトロムソ衛星局から受信された。80%が国際技術で開発され、ソフトフェアは100%自製であり、衛星は可視光で2.5m、可視・近赤外線の複数スペクトルスキャナーで10m、短波長赤外で20mの高解像度の画像を提供する。これは2011年8月17日にロシアに打ち上げられたRASATに次いでトルコの2番目の国家用衛星である。遠隔通信のために3機のSバンド用受信機と発信機を備えている。ギョクテュルク2号はその後ソーラーパネルを展開し、打ち上げ翌週からアメリカ、ブラジル、インドやトルコ西部の町イズミルなどのデータと画像を送り始めた。なおギョクテュルクはトルコ語で突厥を意味している。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2707619 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6168 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 24 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51404156 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:主製造業者
prop-ja:名称
  • ギョクテュルク-2
prop-ja:打上げ場所
prop-ja:打上げ日時
  • --12-18
prop-ja:打上げ機
prop-ja:状態
  • 稼働中
prop-ja:目的
  • 地球観測衛星
prop-ja:観測対象
  • 地球
prop-ja:質量
  • 400.0
prop-ja:軌道傾斜角
  • 98 (xsd:integer)
prop-ja:軌道投入日
  • 同日16時26分 UTC
prop-ja:高度
  • 686.0
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ギョクテュルク-2(トルコ語: Göktürk-2)はトルコの地球観測衛星。科学技術研究会議によって設計開発され、宇宙技術研究機構とトルコ航空宇宙会社によってトルコ国防省のために製造されたギョクテュルク-2は酒泉衛星発射センター第4発射点から長征2号Dで2012年12月18日の16時12分52秒(UTC)に天候により予定より1日繰り上げて打ち上げられた。トルコが開発した先進的な最先端の装備や高解像度の画像を供給する新しい改良型装置が装備されており、16時26分(UTC)には686kmの低軌道に乗せられた。最初の信号は17時39分(UTC)にノルウェーのトロムソ衛星局から受信された。80%が国際技術で開発され、ソフトフェアは100%自製であり、衛星は可視光で2.5m、可視・近赤外線の複数スペクトルスキャナーで10m、短波長赤外で20mの高解像度の画像を提供する。これは2011年8月17日にロシアに打ち上げられたRASATに次いでトルコの2番目の国家用衛星である。遠隔通信のために3機のSバンド用受信機と発信機を備えている。ギョクテュルク2号はその後ソーラーパネルを展開し、打ち上げ翌週からアメリカ、ブラジル、インドやトルコ西部の町イズミルなどのデータと画像を送り始めた。なおギョクテュルクはトルコ語で突厥を意味している。
rdfs:label
  • ギョクテュルク-2
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of